短編2
  • 表示切替
  • 使い方

目の黒い女

ある夏の日、高校生だった俺はコンビニで立ち読みをしてた。

コンビニって、本並べてある棚がガラスで出来てて道に面してる壁に置いてあるところが多いじゃないですが?(解りにくい表現で申し訳ない。)

んで、ふとガラスの壁に本読みながら目をやると、真夏なのに、真っ赤なコート着てる女が立ってたんです。

その時は、真夏にコートなんて物に違和感感じず、その女がかなり綺麗だったんで、『可愛い姉ちゃんがいるなー』くらいで、気にせず雑誌読んでた。

それで、雑誌読みながらも、ちらちら女の方見てたんです。

そしたら気のせいか、段々こっちに近づいてきてるんですよね。

『ちょっとおかしくないか?』段々そう感じてきて、真夏に真っ赤なコートもおかしいだろと思いだした。ちょっとやばい人だなこれはそう感じて、目を合わさないように、もう読み終わった雑誌を黙々と眺め続けた。

そして、5分くらい?経って、『もう、どっか行っただろ』って思って見てみたんですよ。

そしたら…

いるんですよ。

しかも、ガラスに当たるか当たらないかの真近に。でも、それよりびっくりしたのが女の目。

さっきまで可愛いと感じてた顔は全く変化なかったんですが。

目だけがまるでクレヨンで塗り潰したように真っ黒。

顔は笑うでもなく怒るでもなく無表情。

真っ黒な目だけが、ずっとこっちを見つめてるんです。

びっくりし過ぎて10秒くらい見つめあったまま硬直してしまいました。

読んでいた雑誌を落としてしまい、落ちた音で我に帰り、雑誌を拾おうと下に目をやると…

怪談の漫画みたいなのが落ちてたんです。

僕が読んでいたのは、快楽天。それは間違いありません。

しかし、落ちてたのは怪談の漫画。

しかも、気付いてしまった。

その漫画の表紙のサブタイトルには『大阪泉の広場に出る赤い女』って。

僕がいるコンビニは泉の広場から階段をあがってすぐのコンビニ。(2chオカ板では今でも泉の広場の女の話が出てますね。)

もう、一心不乱で抜いてヘップの方まで走って逃げました。あまり恐くなくてすいませんでした。

怖い話投稿:ホラーテラー 人外さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
8430
3
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ