中編2
  • 表示切替
  • 使い方

白装束の怪物

中学生の頃、深夜に山頂の神社に行く事にした。

メンバーは悪ガキ三人。

夏休みが暇過ぎたのがいけない。皆、親に黙って山の入口に集まった。

もちろん、深夜という事もあって、静寂が辺りを支配していた。

山頂までは2ルートある。一つは一般山道。もう一つは途中、養豚団地がある山道。この養豚団地ルートは地元では危ないと評判だった。

養豚団地までは安全なのだが、そこから先は行ってはならないという。

地元の年寄り連中はいつもそう言っていた。

理由は『雀蜂がでるから』

しかし、一年中、この理由はおかしい。繁殖期の9月ならわかるのだが。

真っ暗闇の中、獣道に近い山道を一時間登り続け、養豚団地裏に着いた。

――すえた家畜の臭いが漂っていた

ここから、山頂までは、更に二時間はかかる。

俺達は、学校の事や好きな娘の事などを話しながら登り始めた。

暫くして、Aが不気味な発言をした。

『なんか、女性の笑い声が聞こえないか?』

耳をすませた……

フフフッ

聞こえた。確かに聞こえた。そのまま三人は息を殺して、じっとした。

フフフッフフフッ

上の方から、女性が下りてくるみたいな感じがした。

やがて、朧げながら正体が見えた。

白装束で髪が斑に生えていて、異様に腕が長い(普通の人の四倍くらい) 人モドキが俺達目掛けて走ってくるではないか!

『あいつはやばいやばいやばい!にげるぞ!』

Bは金切り声をあげて急いで山を駆け降り始めた。俺とAも急いでその背中に続いた。

足が縺れながらも、出口を目指した。

――20分後、事態は急転する

俺達は山頂に向かい山を駆け上がっていた。勿論、間違いでも、パニックを起こしたわけではない。断言する。

俺達は究極の二択を迫られていた。

暫くすると、俺達を追い掛けていた白装束の怪物女が見えた。

それでも、俺達は山頂を目指した。

白装束の脇を俺達は凄い勢いで摺り抜けた。

怪物は

『逃がさないぞおお』

と背後で発したかどうかくらいで、怪物は悲鳴を上げながら、俺達と同じ山頂へ走り始めた。

長い腕で起用に白装束の裾を捲くりあげて、短い足をフル回転させて走っていた。

俺達と白装束の怪物を下から猛スピードで追い掛けてきた者……それは……

『やっほほ〜い』

(´・ω・)ノシ

えのきじじぃである

『ぎゃああああああ化け物おおお』

どうやら白装束の化け物は捕まったみたいだ。断末魔が背後で聞こえた。

俺達は尊い犠牲を払ってえのきじじぃから逃げおおせた。

山頂に着いた俺達はせめてと、山頂に白装束の怪物の墓を作り、一般山道から帰宅した。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
36100
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ