短編1
  • 表示切替
  • 使い方

お巡りさん

これは俺が小学生の時、本当にあった出来事です。あんまり怖くないかも・・・

当時俺はG県G町に住んでいて、家から学校まで徒歩20分の距離を通っていた。

行きは指定された通学路があって、集団登校だったが、帰りの道は自由で、よく近道を探していた。

俺が気に入った道には空き地があり、大量の粗大ごみが置かれていた。

その中心に、ぽつんと「お巡りさん」がいた。(といっても、正確にはお巡りさんの等身大人形で、眼の悪かった俺が、本物と間違えて挨拶をしていたのは恥ずかしい思い出だww)

その人形は、無表情で棒立ち、おそらく不法投棄阻止のために立っていたと思われる。

俺はお巡りさんが気に入った。友達がいなかったので、ダチができた様でうれしかった。(寂しい子だったんですww)

それから何日かたったある日、いつもの帰り道を行くと、「お巡りさん」が敬礼のポーズをとっていた!少し驚いて近寄ってみると、左手にガラスの破片が突き刺さっていた・・・。(痛そうな表情をしていたのは気のせいだろうか・・?)

「どうせ誰かが動かして左手にガラスを刺したんだな」と思い、空き地を後にしました。

次の日、俺は病院に行きました。

何したかって?

そりゃぁもちろん

刺さったのさ・・・

彫刻等が、左手に・・・

その後空き地に行っても、「お巡りさん」を見ることはありませんでした。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
16200
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ