中編3
  • 表示切替
  • 使い方

心の傷痕3

また遅くなってしまいましたね。

ごめんなさい。

今回で最後になります。

どうしよう、、、お母さんはもう目の前に来ている。

もう、ダメだ……、僕は恐怖と絶望から目を強くつむった。

「お母さん、○○(僕の名前)ならさっきトイレに行ったよ。」

「そう、、どうしていないのかと思ったら…。」

「仕方ないけど、わかってるけど、あの子も私の子なのに……。」

そう言ってお母さんは部屋を後にした。

部屋にはお母さんと入れ替わり立ち代わり、お兄ちゃんが入って来た、その手には、なにか黒い小さな巾着袋を持っていた。

「もう出てきていいよ、ただし静かにな。」

僕を助けてくれたのはお兄ちゃんだった。

気づくと僕は少し泣いていた、そんな僕の顔を見たお兄ちゃんは僕を強く抱きしめてくれた、そして手に持っていた小さな巾着袋を僕に渡した。

「この袋は何が入ってるの?」

そう聞くと

「中身は後で見てくれ、とにかく今はこの家から、この村から出ることだけを考えるんだ。」

お兄ちゃんはそう言うと、僕を裏口に案内してくれた。

僕はこの時二つの考えが頭をよぎったんだ。

一つは、もしかしてここで別れたらもう、みんなには会えないんじゃないか。

二つ目は、そろそろお母さんが戻って来る頃じゃないか?ということだった。

もし今ここでお母さんが来てしまったら、僕だけじゃなくお兄ちゃんまで、巻き添えをくわせてしまう。それだけはなんとしても避けたい。

でも、そんな僕の心配は無用なものだった、お兄ちゃんはまるで僕の気持ちを察したかのように

「お母さんならまだだいじょーぶだ、誰も入っちゃいないトイレの、ドアの鍵を閉めておいたからさ。」

お兄ちゃんはこんな時でも冷静で頭がよかったんだ。

お母さんは、まだしばらく僕がトイレに入っていると思い、こちらに来ることはまだないだろう。

「心配しなくていい、またすぐに会えるから。」

お兄ちゃんはそう言って優しい顔をして笑った。

僕は、お兄ちゃんに言われた通りに村を出た。

お兄ちゃんに渡された小さな巾着袋を開けると、お兄ちゃんからの手紙と、手書きの地図と、少しばかりのお金が入っていた。

手紙には、

___________________

○○へ

今まで黙っていて本当にごめんな。

俺は自分可愛さにおまえのことを見捨てようとしてた、、最低な兄貴だ。

でも、今まで○○と一緒に過ごした時間は本当に楽しかったよ。

ありがとうな。

見づらいかもしれないけど、地図が一緒に入ってただろ。

その地図に印してある家に行ってくれ、話はもうしてあるから心配しなくていい。

じゃあ元気でな。

 兄より

____________________

短い文章だったが、お兄ちゃんの精一杯の気持ちが伝わって来て、また僕は泣いてしまった。

「お兄ちゃんは最低なんかじゃないよ……。」

僕は、入っていたお金で電車に乗って、地図に印してあった家に向かった。

駅から20分程歩き、なんとか到着すると、そこにはすでにその家のおじさんであろう人が、家の外に出て僕を待っていてくれた。

おじさんは、優しい笑顔で僕を迎え入れてくれた。

僕は安心と悲しさからか泣き崩れてしまった。

「辛かったろ、でももう、だいじょーぶだから。」

おじさんは優しく僕を抱きしめてくれた。

おじさんは、お兄ちゃんが剣道をやっていた時の剣道の先生なんだそうだ。

それから僕が一人前になる今まで、ずっとおじさんは優しく、まるで本当のお父さんのように僕を養ってくれたんだ。

僕はあの日以来、家族と、お兄ちゃんと会えることはなかった。

僕は今、一人前に会社員として働いているが、あの日以来、他人を心から信じることが出来なくなってしまった……。

お兄ちゃん、、どこかで元気で暮らしていてくれ。

最後まで読んでくれて、本当にありがとうございます。

前回の作品より少しはよくなってるていいんですが(・ω・`)

アドバイスとか辛口でもいいので、なにかありましたらよろしくお願いします!!

怖い話投稿:ホラーテラー 鏡の女さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
16300
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ