短編2
  • 表示切替
  • 使い方

天井の顔達…

これは今から六年前、嫁さんが長男を妊娠していた時の話で実話です。

夜中に嫁さんが凄い息苦しそうな寝息を立ていたので

僕は目が覚めた…

嫁さんは息苦しいそうに天井を見つめ…

必死に息をしているようだった…

声をかけても全く返事もせず、ただひたすらに息をはげしく吸ったりはいたりしている。

ふと天井をみる…

そこには数え切れない程の赤ちゃんの顔、顔、顔…

右から左、左から右へと流れるように泣いていた…

僕はびっくりして嫁さんに目をやると…

嫁さんのお腹がデコボコと激しく動いていた…

まるでお腹の子供が苦しむように。

とっさにお腹におおいかぶさり、

頼むから子供と嫁さんは連れていかないでくれと頼んだ。

しばらくしてお腹の子供も落ちつき…

ふと天井をみると…

沢山の赤ちゃんの顔だったのが…

天井一面の一つの顔になり 悲しげに…力なく…

おぎゃあ…って

一声泣いて消えて行きました。

翌朝嫁さんに聞いても覚えてなく…

気にしたらまずいと思い、夢を見たと言うことで片付けようとしたが、あまりにもゲンが悪いのでお祓いに行きました。

後に無事、子供も生まれスクスク育ってます…が…3歳の誕生日の写真には…壁一面に同じように成長した子供達の顔、顔、顔…が

写っていました。

写真は再度神社に持って行き供養をしてもらいました…

後日何故にこういう写真がとれたのか?

住職さんに訳を聞きましたが…

仕事にいくのでまた書きます。

たいして怖くないけど最後まで読んで頂きありがとうございます。

怖い話投稿:ホラーテラー 遺神さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
15200
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ