中編3
  • 表示切替
  • 使い方

先生イジメ

こんにちわ、俺は話を投稿した、ぜんぶしゃべるとです。今日も投稿させてみます。「先生イジメ」コピペです。しっているかたもいるかもしれないです。

これは茨城県の出来事です。

新学期

私のクラスは

新任の先生が

担任となった

のですが

先生「は 始めまして

このクラスの担任を

することになった

新井といいます

実は今年

大学を卒業した

ばかりでっ」

その先生が

なんというか……

内向的というか

幼いといった感じで

先生「分からないこと

だらけなので

皆さんにたくさん

頼ってしまうと

思いますが……」

案の定

真っ先に男子たちの

からかいの対象に

なってしまったんです

のぞみ「何してんの?」

男子「ん?ドアにカギかけてんの」

のぞみ「先生くるよ?」

男子「知ってる」

ガタッ

先生「あれ?

開かない… え!?

どうして!?

ねー!誰か!!

開けてください!!」

最初はほんの

イタズラ程度

だったものが

男子達「この間ちょっとからかったらさー

その後ずっと俺の後ろくっついて睨んでくんの」

「背後霊かっつーの!」

「あーそれ俺もやられた!ムカつくよな

アイツ」

先生のとる

対応や反応が

反感を買い−

女子「先生-−

声小さくて聞こえないんですけど」

先生「あっごめん!」

男子「っつーかさぁ先生の発音わるすぎ?

何言ってるか分かんねぇし」

徐々に

嫌がらせへと

エスカレート

していきました

のぞみがドアを開けると教室に…

のぞみ「先生…うわ…

これひど過ぎ…」

そこには落書き、中傷のことばが書かれていました

のぞみ「先生もさーしっかりしないからナメられんだよ

…………

先生私でよかったら力になるからさ、もうちょっと頑張ろうよ

先生なんだから堂々としてさ!

先生「のぞみさん 私 皆に嫌われてるんだと…

のぞみさんのこと本当に頼りにしていいのね!?」

え?うん…頼りにって…」

のぞみ「メアド貰っちゃった…」

男子「のぞみ!いいもん持ってんじゃん」

のぞみ「あっ」

男子「これ 出会い系にバラまいてやろうぜ!」

のぞみ「ちょっと!返してよ!!」

明日先生に謝ればいいと…

軽い気持ちで

いたのですが……

男先生「みんな…

落ち着いて聞くように

じつは昨夜、新井先生は

帰宅途中に、交通事故に

あわれて お亡くなりになりました」

のぞみ「うそ……」

突然の

先生の死は

一部では

自殺ではないかと

ささやかれましたが

後ろめたさのあった

私たちのクラスでは

一切その話題は

のぼることがなく

のぞみ「ねぇ あんた達先生のメアドあれ…えと…

やっぱりいい」

男子達「おい いこうぜ」

のぞみ「今更 蒸し返したって…」

すると窓に映ったのぞみの姿が先生の姿になったのです!

のぞみ「!!」

この時は

私の後ろめたさが

幻覚を見せたの

だと思って

いたのですが

また 鏡に先生の姿が写りました。

その後も先生は

私が忘れかけた頃

窓や鏡に映り込むと

いう形で私の前に

姿を表しました

振り返っても

その姿はなく

それがなんとなく

生前の先生の

性格を思い

起こさせました

最初の頃はメアドの

ことで

恨まれていると思い

怖くて仕方なかったです

のですか

徐々に

先生が姿を見せる

回数が減っていき

数ヶ月経った

今ではもう

全く先生を

見ることは

ありません

でも

時折り

先生の気配を

感じては

怯えているのも

事実です。

(完)

長文のうえに下手くそですいません

怖い話投稿:ホラーテラー ぜんぶしゃべるとさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
44410
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

超読みづらい
コピペとは言えヒドイなぁ