短編2
  • 表示切替
  • 使い方

ゲーム百物語

何年か前に、百物語ってタイトルのゲームをプレイしていた時の話

サウンドノベルゲームで、画面に表示された文字を、コントローラーのボタンとスティックで、スクロールして話が終わると、画面が切り替わり、ロウソクのグラフィックが表示されて、ボタンを押すと、ロウソクの炎が消えるゲーム。

百語目までゲームを進めると、「これから始るお話を読んだ後に、何らかの現象が起きた場合ソフトと同封されていたお札をゲーム機本体にお貼りください。」

って表示された。

気にせず、101話目をプレイした。

何も起きなかった。

テレビを消した時、白い人影が画面に写ったが、気のせいだろうと気にせず眠りについた。その日は暑かったので、クーラーの設定温度を、18℃の強風にして寝た。

たぶん2時間位過ぎた頃に暑苦しくて目が覚めた。着ていた寝間着と布団が、汗でびしょ濡れになっていた。

熱いのと気持ち悪いのとで、着ていた寝間着を脱ぎ、マッパになったが、汗がダラダラ流れ出る。しかも体が熱い。

クーラーが故障したのかと思ったが、そうでもない。30分位経過して、汗は引き、服を着替えまた眠りについた。

朝起きて、昨晩の事が気になり、ソフトを入れたままの、ゲーム機本体に、お札を貼ろうとしたが、中古で買ったソフトなので、お札が同封されて無かった。

まぁええか!てな感じで気にせず過ごしている。

たまに、黒い影を見掛けたり、声が聞こえたりするけどね。

気にしない

気にしない

一休み

一休み

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
17400
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ