短編2
  • 表示切替
  • 使い方

陰膳

これはもう70年程前の話だ。

当時、私は長屋に住んでいた。

家族は父と母と6つ歳の離れた弟。

父は宮大工の棟梁で、曲がった事が大嫌いな職人気質だった。

幼い頃に私が悪さをすると庭の柿の木に括り付けられた。

母は穏やかな性格でいつも私と弟を可愛がってくれた。

今で言う、「天然」な部分も持っていた。

弟は喘息を患っていたが、無理をしなければ生活に支障をきたす事は無かった。

ある日、母親が食卓に陰膳をする様になった。

私は不思議に思ったが、当時の日本は戦争の真っ只中で、母は縁のある人の為を思ってやっているのだろうと、自分の中で解釈していた。

現に母の兄弟や父の弟も出征していたからだ。

次の日も、また次の日も母の陰膳は続いた。

4、5日経てば陰膳は当たり前の物の様になり、私も気にする事はなくなった。

前述でも紹介したが、母は「天然」な人だった。

まだ私が風呂を入り終えていないにも関わらず、風呂の栓を抜き、お湯を流してしまう事が何度もあった。

他には、居間で父と母と私が寛いでいると、私の目も気にせず父と抱き合ったり、接吻をした。

バツが悪くなって自分の部屋によく戻ったものだ。

そんなある日の事、家に役所の人間と町長が来た。

母が応対したのだが、母は役所の人間から封書を受け取ると、その場に泣き崩れた。

その日から母の陰膳は無くなった。

私は落ち込んでいる母に直接問いかける事は出来ず、こっそり封書を見た。

そこには、

○○○○殿

ガダルカナル諸島ニテ戦死

我国ノ誇リナリ

と、綴られていた。

私は全てを理解した。

怖い話投稿:ホラーテラー 紅天狗さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
18100
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ