中編5
  • 表示切替
  • 使い方

煙草

私は煙草が止められない。私にとって、なくてはならない物。

煙草で自分を保っている。

幼い頃、火事になり家族を失った。

放火だった。

思い出の家と、家族が炎に包まれ焼けていった。

運良く私だけが助かった。

救急車に運ばれる時、野次馬の中に恍惚の表情を浮かべる男と目が合った。

男の表情は今でも忘れられない。

次の日、その男は放火の疑いで逮捕された。

許せなかった。

あの男は笑いながら私の全てを灰にした。

子供心に復讐を誓った。

大人になり、男は終身刑で復讐の機会がないことを知った。

あの時から、私は何も変わらない。

憎しみは薄まる事はない。ただ、一つだけ昔と変わった事がある。

あの時の、男の表情と気持ちを考えるようになった事。

一人の時は必ず、男の事を考える。

何故、火を点けたんだろう?

火を点けた時は、どんな気持ちだった?

私を見て、どう思った?

いくら考えても答えが出なかった。

その頃から、煙草を吸うようになった。

近所で火事が起こった。

心がざわめいた。

我を忘れ現場に向かった。

燃えてゆく家。

立ち上る黒煙。

記憶と重なっていく。

何故か、無性に煙草が欲しくなった。

我慢が出来ない。

後ろ髪を引かれつつ、その場を後にした。

帰り道、ウィンドウには目をギラつかせた私が映っていた。

不思議な胸の高鳴りを抑え、帰路を急いだ。

その日は眠れなかった。

自分の全てを奪った炎を考え、落ち着かず煙草を吸い続けた。

次の日も近所で火事が起こった。

居ても立ってもいられず、家を出た。

サイレンの音に胸が高鳴る。

煙の匂いが足を早める。

火事を目指し、現場に向かった。

炎から目を離せない。

離す気にもならない。

野次馬を掻き分け、特等席に立った。

禍々しい炎に、引き込まれそうになる。

近付き過ぎて、消防士に止められ我に帰った。

消防士、それに野次馬が不振な目で私を見ている。

仕方なく、重い足を引き摺り、その場を後にした。

昨日と同じく、落ち着かない。

酒を煽り、煙草に火を点ける。

今の自分が気になり鏡を見る。

唇を歪ませ、ギラギラと目を輝かせる私がいた。

眠気が訪れるまで、煙草を吸い続けた。

次の日のニュースで、二件の火事の原因は、放火だと知った。

胸が大きく脈を打った。

あの時の答えを得られるかもしれない。

どうしても、放火魔に会ってみたくなった。

それからも、火事は頻繁に起こった。

その度に、現場に足を運んだ。

幾度と眠れない夜を過ごし、煙草の数が増えていく。

いつもの様に、現場に行くと、野次馬の中に私と同じ顔をした人を見つけた。

よく見ると、いつも野次馬の中に居た人だった。

惹き付けられるように近付き、声をかけた。

色々な事を話した。

驚く程、自分の境遇と似ていた。

初めて自分と同じ人間を見つけた気がして嬉しかった。

彼も同じ気持ちだと言った。

好きになるのに、時間はかからなかった。

二人で居る時は楽しかった。

孤独な自分にとって、一緒に居てくれる事が堪らなく嬉しかった。

彼と居る時だけは、煙草を忘れられた。

ただ、私達が狂ってる事も解っていた。

会話は殆どが、火事や放火の事。

それでもいいと思い、二人で時を過ごした。

幸せだった。

やがて、少しずつ私達は変わって行った。

幸せな時を重ねて行く中で、復讐心が薄れ火に対する興味がなくなって行った。

ある時、彼が息を切らし興奮しながら、仇が見つかったと言った。

幸せの中で、忘れかけていた何かが蠢くのを感じた。

彼は復讐してやると言い、私が止めるのも聞かず、行ってしまった。

落ち着かない。

心配で堪らない。

幸せが、何処かに行ってしまいそうな気がして怖い。それに、何かを期待するような感情が湧いてくる。

やっと、彼が帰ってきた。彼は、目をギラつかせ笑っていた。

それに、焦げたような匂いがした。

匂いで、何をしてきたか解った。

彼の顔を見て、悟った。

幸せは何処かに行ってしまった。

その日を境に、彼は変わってしまった。

いや、昔の彼に戻ってしまった。

彼が口にするのは、復讐の時の事だけになった。

どうやって、犯人を殺したか。

止めは燃やしてやった。

火を点けた時は、快感だったと。

彼は私に語り続けた。

話を聞く内に、私も昔に戻っていく気がした。

止めていた煙草を、また吸うようになった。

いつからか、彼が私を見る目がおかしい事に気が付いた。

その目は、私の全てを奪った男とそっくりに見えた。彼の事が怖くなった。

それよりも、何かを期待する自分が怖かった。

いつか私も彼に……

彼に気を許す事が出来なくなった。

それでも、彼が好きだった。

恐れていた事が現実になった。

彼が、寝ている私の布団に火を点けた。

熱と痛みに飛び起きた。

右腕がジリジリと焦げていく。

半狂乱で転げ回り、火を消した。

必死な私を、目を輝かせ見ている彼が怖かった。

事が済んだ後、彼が謝ってきた。

悪かった。

好きで好きで、仕方なかった。

想い続けた人間に火を点けるのは快感だ。

恨みも愛も同じだ。

お前もやれば解ると。

煙草に火を点け彼を許した。

窓に映った私は、彼と同じ顔をしていた。

それから私は完全に変わった。

考える事は一つだけ。

彼に火を点けると、どんな気持ちがするか?

何度も実行に移そうとした。

一度でもやると、引き返せなくなる事は解っていた。その度に、煙草を吸い踏み留まった。

元に彼は、何度も私を燃やそうとした。

それでも、彼が好きで離れられなかった。

煙草の量だけが、際限なく増えていく。

少しずつ焦がされていく日々の中で、ある事に気が付いた。

私は、煙草が吸いたかったのではなく、煙草に火を点けるという動作が自分を抑えていた事に。

そして今日も私は、寝ている彼を見ながら煙草に火を点けた。

怖い話投稿:ホラーテラー 月凪さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
2430
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ