短編1
  • 表示切替
  • 使い方

玉ねぎ

引き籠もりを始めてから丁度一週間目、目を覚ますと床も壁も天井も全て真っ白な四方の部屋の中に立っていた。

私「何処だよ此処…」

頭がぼーっとしてくる、すると

「これから貴方に人生と云うものを伝えます」

天井から意味不明な事を言う声が聞こえてきた。……?誰も居ないはずだ。

気がつくと目の前に玉ねぎが落ちている

謎の声「剥いてみなさい」

私は黙って玉ねぎを掴み言われた通りにする

私「…………あの…」

謎の声「……はい」

私「実体が無いんだけど」

謎の声「そういうものです」

訳が分からない

しかし私は玉ねぎをベリベリと剥がしていく

私「………っあの……」

謎の声「なんでしょう」

私「涙が止まりません」

謎の声「………そういうものです」

引き籠もりを始めてから一週間と1日目の目覚めた朝、私は部屋を出た。

怖い話投稿:ホラーテラー 目黒さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
18800
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ