中編2
  • 表示切替
  • 使い方

High voltage

気が付けば、電車は終点に着いていた。

会社の仕事の事が、また頭をよぎる…

会社は嫌いだった。

いや、嫌いになったのだ。

理由は、陰湿ないじめ。

ここ3ヶ月、それが続いている。

最初は、座席に花瓶に生けられた花。これはまだ笑える範囲だった。お前等は中学生かよっ?てなかんじで…

それが一週程続き、今度は、俺のデスクに知らない奴が座って、何事も無かったかのように仕事をしていた。もちろん、俺は怒った。…だが、周りも当人も無視して仕事に励んでいた。

何をしても無視された。

必要な書類をコピーしていると一人の女子社員が来て、

「やだ、このコピー機壊れてんのかな…」

そう言って、俺がせっかくコピーした書類をシュレッダーにかけ出した。

女に手を上げるわけにはいかないから、俺は冷静を装って彼女に注意した。

しかし、完全シカト…

もう、毎日がこんな感じだ……………

(くそ、寝てる間だけはこれを忘れられるのに。)

不機嫌に電車を降りると、誰もいない、閑散とした長いホームだけが目の前に広がる。

(一体、今は何時だ?

何で車掌は俺を起こさなかったんだ?)

時計は、午前2時をまわっていた。

 (ヤバイ、早く帰らないと、明日寝坊しちまう…

っても、この時間じゃバスは無いし…少し高いが、タクシー使うか。)

開け放たれた電車のドアを背に、薄明かりの灯る人気の無いホームを出口に向かって歩く…

駅前には数台のタクシーが並んでいた。

(どうせなら、一番いい車を選ぼう。)

黒塗りのフーガのタクシーに乗り込み、行き先を告げようとすると、

「……!?ああ、お客さん、大丈夫ですよ。行き先は分かってますから。いつもの場所でいいんですよね?」

(はて?俺はこのタクシーに前にも乗ったのか?)

タクシーのドアがしまり、車は暗闇に包まれた街中へ走り出した。

疲れからか、いつの間にか眠ってしまったようだ。目を覚ますと、タクシーはいつもの場所にきちんと着いていた。

「どうも、運賃は、いくら?」

「え?ああ、お代は結構ですよ。それより、早く本当の居場所を見つけてくださいね。」

「は?はぁ、…」

結局、タクシーは代金も要求しないまま去っていった。

(はぁ…明日がダルい。)

歩き出した時、ふと足下の花束に目がいった。

(そうか…俺は…

そうだった。そうだったんだ…)

3ヶ月前。

会社への通勤途中、この場所で事故に遭って…死んだんだ。

怖い話投稿:ホラーテラー ジョーイ・トリビアーニさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
22210
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

電車降りた辺りでよめてしまった。