猫の声がする?エレベーター

中編3
  • 表示切替
  • 使い方

猫の声がする?エレベーター

2年ほど前に勤めていた会社のビルはとても古く、正面の外壁はキレイに

改装されていても中に入ってみれば素っ気ないコンクリートの内装でした。

エレベーターも古く、階層ボタンの厚みが1センチ位あり、

時が止まったような古くさい雰囲気でした。

ある時、一人でエレベーターに乗っていると、壁面の継ぎ目辺りから

「……みゅーみゅー」と聞こえてくる。

最初は気にしませんでしたけど、だんだん「みゃぁ!みゃぁ!」とハッキリ聞こえたので、

「もしかして、エレベーターの狭間に猫がいるかもと思い、

メンテナンス会社に電話しました。しかし、後日聞いてみると、

猫などいなかったそうです。もしかしたら機械の音だったのかな?と思い、

すぐに忘れてしまいました。

そしてある日遅くまで残業し、社内でただ一人残ってました。

終電も近く、急いでエレベーターに駆け込みました。するとまた継ぎ目辺りから

「みゃー、みゃぁああ」と

聞こえるではありませんか。

やっぱりどう聞いても機械音ではなく、動物の声です。

でもこんな時間だし、下手にメンテナンス会社に電話して終電を逃したくないので、

聞こえないフリをしました。

ウチの会社は4階なんですけど、この古いエレベーターはかなり速度が遅く、

1階まで少し時間がかかります。その間にも音はどんどん大きくなり、ついには

「うみゃぁあ!いみゃぁ!」と叫ぶような音に変わっていました。

何だよ、ちょっと不気味だな、早く着かないかな……って思っていると

扉がゆっくり開きました。ところが開いてみると真っ暗。え?って思っているとそこは2階。

何を思ったのかボタンを押し間違えていたらしい。

「閉」を押そうとした瞬間、おばちゃんが乗ってきました。たぶん50代ぐらい?

するとそのおばちゃんは最上階の9階のボタンを押したんです。

するとさっきまで降りていたエレベーターがみるみる上昇を始めました。

私は「しまった!」と内心思い、とっさに4階を押したんです。私は心の中で

(まだ残業しているんだ。残業大変そうだなー)って気になっておばちゃんを見ました。

するとナゼか私をじっと見てます。

まばたきもせずにこちらの目を見てます。

正直スーパーに売ってる魚の目でした。

何と言うか焦点の定まっていない感じがしました。

え?何?誰だっけ?と思っていると

ゆっくり手を出してきたので、

私は握手かと思い、反射的にこちらも手を出そうとしたところ、

おばちゃんの手にはよれよれでまばらでしたが、

沢山の毛が絡みついていました。

首をゆっくりと上下に振りながら……。

私はぎょっとし、少し下がった瞬間4階に着きました。

もう階段で降りるしかない!と思い、エレベーターを下りた瞬間、

おばちゃんは左右に首を激しく振り、ハッキリと「うぎゃああ!うぎゃああ!」という声を発しました。

赤子の鳴き声そのものでした。

でも相変わらず魚の目です。まったく目の表情は変わっておりません。

そして私が何が起こっているのか理解しないまま、エレベーターの扉は閉まり、さっさと上へ昇っていきました。

この話を何気に飲み会の時に上司に話をしたところ、その上司は間違えて9階を押してしまい、

深夜に9階に行ったところ、床が髪の毛でびっしりだったそうです。

どうせ飲みながら仕事してたんだろって周りからは信じてもらえなかったそうです。

私は最上階に行った事はないのですが、最上階の9階にはオフィスは無く、屋上へのスペースのみだそうです。

あんな夜中におばちゃん一人で一体何の用事があったのか、

おばちゃんから赤子の声が本当にしたのかどうかも未だに認めたくないです。

まもなくして退社したので、そのエレベーターに乗る事はありませんが、

深夜知らない人とエレベーターに乗るのは怖いです。

怖い話投稿:ホラーテラー 上上下下左右左右首さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
16900
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ