短編2
  • 表示切替
  • 使い方

第1章第1話『始まり』

第一章第一話『始まり』

龍汰「ハァハァ……あ…茜ぇ……」

一時間前

俺と茜は、葬儀の帰り道を歩んでいた。

空は夕暮れの、

オレンジ一色だった。

周りには誰も居ず、何故か田んぼ道を歩んでいた

茜「あのさ……」

龍汰「…ん?」

その時だった。

悪夢が始まった。

「見ぃ~けた‥‥と」

俺と茜の目の前に、

漆黒のスーツに身を包んだ、一人の金髪の男が現れた。

「え~と、紀本龍汰と、朝比奈茜だろ?」

あ?誰だ?てか何で俺らの名前を……

バキン!

乾いた音が、夕暮れに染まる空に響いた。

龍汰「茜ッ!?」

俺の横には、

頭に穴が開き、血が吹き出したまま倒れている茜が居た。

「よ~し。次は君ね」

男の手には、立派な銃が握られている。

そして、男は俺に銃口を向ける。

龍汰「ハァハァ……あ…茜ぇ」

バキン!

またもや、響く銃声。

どうやら、俺は死ぬみたいだな。

痛くも、何ともねぇや。

隣には茜の死体。

もうすぐ、ソッチに逝くからな。

男のニヤケ顔と共に、

俺の意識は遠退いていった。

ッ!?

ハァハァ…夢か……

俺は自室のベットで目覚めた。

「よお~起きたかぁ」

目の前には先程の男が。

夢じゃなかった…

龍汰「茜は!?」

不意に出た言葉がコレだった。

「あ~…朝比奈ね。第3部隊に捕られたんじゃないか?」

あ?第3部隊?

「言い忘れた、俺Gて名前なんだよ」

Gは、続けた。

G「お前は死んだ。今からは俺の、第1部隊で働いてもらうから」

龍汰「え?え?部隊て何だよ!てか、俺は死んだんじゃねーのか?」

Gの話はこうだ。

俺は死んだが、魂は死んではいない。

しかし、体は偽物。

そして、ココはあの世。罪人しかいないあの世。

俺達は部隊に分けられており、100の部隊があるらしい。

そして、俺は第5部隊。第1部隊が全ての権限を持つ。

次に俺は仕事を与えられる。

仕事は、罪人の親族、友達から無差別に選ばれる。

そして、仕事は罪人を殺すこと。

これが、俺達に与えられた仕事だ。

怖い話投稿:ホラーテラー ドラッグさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
12100
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ