短編2
  • 表示切替
  • 使い方

心霊写真

俺には四つ下の妹がいた。

すごく可愛くて人懐っこくて、人見知りだった俺だけど妹のおかげで色んな人と仲良しになれた。

いつも「お兄ちゃん、お兄ちゃん♪」ってついてくる妹が可愛くて、お菓子買ってあげたり、おもちゃの指輪買ってあげたり。ありったけの気持ちで可愛がったよ。

時は経って俺が19の時だった、もう俺は独り暮らしだったけど、そん時も妹が可愛くてしょうがなかったからさ、心配だし、妹専用のポケベルまで持ってたんだよ。

その年の秋だった、俺に彼女ができた。人見知りだったし、色々あってその子が人生で初の彼女だった。

俺は夢中になった。どっか連れていったり、プレゼント買いたかったから、あり得ないくらいバイトした。

幸せだった。本当に幸せだった。そんな幸せな俺にある日実家からの電話。

妹が死んだ。イジメが原因の自殺だった。

どうしていいかわからないまま、なんとなくずっと見ていなかった妹専用のポケベルを見てみた。

『次いつ帰ってくるの?』

『電話していい?』

『彼女と仲良くしてる?』

『私が居なくなったら悲しい?』

俺は泣いた、泣き続ける内に声は出なくなって、涙も出なくなった。それでも泣き続けた。

妹が死んで二月が経った頃、彼女が『旅行にでも行こう』と言い出した。

俺はこの時死を望んでいた。景色のいい所から落ちてなくなりたい。そう思っていた。

旅行の日、荷物をまとめて出発して、千葉の某所へ。

吸い込まれる様な断崖絶壁、彼女には悪いけどここにしようと決めた。

でもできなかった、あと一歩がどうしても踏み出せなかった。

彼女に写真を一枚撮られて、宿に直行する。

決まった日程を何も考えないまま宿でのんびり過ごした。

旅行から帰って一週間が過ぎた頃、彼女が血相を変えて家に来た。

『できればあまり見せたくないんだけど…。』

おもむろに写真を見る、崖に立つ俺の肩をはっきりと二本の腕が掴んでいる。

『神社にいこう。』彼女はそう言ったが、俺はこう言い返した。

『大丈夫だよ。』

俺は見つけてしまった、その肩を掴む手の小指に光るおもちゃの指輪を。

『守りたかったんだね。』

彼女の一言に、俺は泣き崩れた。

怖い話投稿:ホラーテラー 豆さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
14200
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ