短編2
  • 表示切替
  • 使い方

近くの声

どうも皆さんここんところ暑いですね。

怖くないと思いますが暇つぶしにでも・・・。

先週の土日千葉県の某所の海岸へ行き、親戚の新築へ一家全員で泊まりに行きました。

現地について早速海岸を歩きました。

潮の匂いが気持ちよかったし家族写真をとりました。

デジカメと一人ずつ携帯でとり家へ戻りました。

まさか大変なことになるとは思わなかったです。

写真をプリントアウトしてわいわい見てたら

「あれ?これなんだろう?」と親戚の姉さんが何かを見つけました。

砂浜に白い何かが打ち上げられてました。

「ワカメじゃん?(笑)」

「ワカメ緑だし!」

「よきみたら手みたいだよね~」

「・・・」

姉さんね一言で空気がひんやりしてしまいました。

「そろそろ寝ようか!」

怖いのが苦手な母が切り出し私達一家は居間でねました

夜なにかありそうと思ってましたが何も起こらず朝を向かえました。

朝食を食べ終え荷造りした私は一人また海岸へ行きました。

人は疎らで犬の散歩やランニングしてる人がちらほら、

流木にすわり携帯をいじっていました

たまたまフォトフォルダを上けてみて昨日とった写真をみました

すると白い何かが写ってる写真に目がいきました

気にしなければわかりずらいのに意識してしまいます。

フォルダを閉じまたボーッとしてると母から電話がかかりました。

「もしもし?(^O^)」

「もう行くから帰ってきなさいよ~(^∀^)ノ」

「うん~。」

「所でその子お友達?」

「へ?内一人だよ^^」

「だって側でぼそぼそ言ってるわよ?」

「い、いやだな怖いこと言わないでよ・・・。すぐ戻るよ」

「あっやっぱ海岸まで向かえに行くよ(^O^)」

「あ、うんわかっt「きゃー!!!!」お母さん!?!?」

カシャン携帯の落ちる音が聞こえた。

「もしもし●●ちゃん!?」

「おじちゃんお母さんどうしたの!?」

「まだわからない・・・とりあえず戻ってきて」

「う、うん!!」

続きます。

怖い話投稿:ホラーテラー プリガムレッド≫ブンブン@さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
13700
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ