短編2
  • 表示切替
  • 使い方

考察

以前、「独白」を投稿させて頂いた者です。

また創作ですが、投稿させて頂きます。

では、どうぞ(^^)

俺は窓際で一つ大きく欠伸をした。

朝の陽射しが背中を暖めまた眠気を誘う。

リビングでは、毎度BGMと化したニュースを流しながら4人の男女が食事を取っている。何やら息子の成績がどうのと男女が言い争っているが、俺には関係ない。

何時も繰り返される朝の一幕にウンザリしながら欠伸をまた一つ。ふとテレビが目に入る。

そこには、某と言う国の内戦の様子が映し出されていた。

大袈裟な装備を担ぎ行軍する兵士達。怪我をして運ばれる者。

しかし、俺の目に映ったモノはそれだけではなかった。

頭を潰され、肌を焼かれ、腕を千切られ、それでも行軍を続ける兵士達。

まったく、やるせないことだ。

俺はテレビから目を反らし、家族団らんと言うやつを見てみた。どうやら、此方は決着がついたようだ。

トドメは女の一言だった。

「あなたの稼ぎが少ないから!!」

男は顔を真っ赤にしたあと、諦めたように項垂れ仕事とかいうやつに出かけた。

俺は思う。

もし地獄があるなら、正にこの世界は地獄だろう。

俺には預かり知らぬ事だが、何処かで誰かが酷い死を迎え、多くの者が同じ日々を繰り返す。

たまに、昼間に街を歩いてみるといいだろう。死んだ魚のような目をした人間に出会える。

ほら、そこの女も目が濁ってきた。無限と思われる地獄までもうすぐだ。

まあ、俺には関係無いことだ。それより俺の地獄は…

小さな男の子が俺の前に飯を出す。

「ご飯だよ、ニート。」

その名前で俺を呼ぶな!!

しかし、悲しいかな、奴には「ニャ~」としか聞こえてないようだ。

とにかく、俺はこの子の目がまだ曇っていないことに安堵した。

出来るならこの先もこの地獄に飲まれず育って欲しいものだ。

俺はまた一つ欠伸をするだけだった。

怖い話投稿:ホラーテラー とくめいさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
9700
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ