短編1
  • 表示切替
  • 使い方

女の幽霊

俺はキモい。本当に死にたくなるほどブサイクで昔から同級生にいじめられている。

悲しいほどモテなくて冴えない男だ。

女なんかに相手にもされないし今日も部屋で少しだけ泣きながらエロ本を見ていると、なんとなんと、さっき美人で綺麗な幽霊が現れたんだよ。

俺は慌ててパンツをはき、嬉しくて嬉しくて信じられなくて、その幽霊に「ありがとう!!」と言って土下座をした。

「俺なんかの所に来てくれてありがとう!!君は本当に良い女だ」そう言うと彼女は微笑んで…

「頑張って…貴方はとっても素敵よ…だから、もう泣かないで…」と、そう言ってくれたあとに消えてしまった。

俺は完全に恋をした。

また、会えるかな?

この夏は、なんだか良い事がありそうだ。

ありがとう幽霊さん。

俺、頑張るよ!!

涙が止まらなかった。

怖い話投稿:ホラーテラー 妖怪さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
74910
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

なんのこっちゃ?