中編5
  • 表示切替
  • 使い方

座敷童子

あれは僕が大学2年生の頃の出来事。

寒い寒い冬の話。

友達5人でスノボ旅行に行った時の事だった。

駅を降りると、見渡す限り一面の雪景色で、まるで子供みたいに興奮したのを今も覚えている。

さっそく宿泊する宿へ向かった。バス停から山林道を歩くこと10分、宿に到着した。

3階建の小さな古民家風な宿だ。古臭いが、良く言えばレトロな雰囲気を漂わせている家庭的な宿。

小さな女の子が、民宿の前で雪と戯れている。

真っ白な肌が印象的だ。

僕を見ると、ニコッと微笑みかけた。

どこかで会ったことあったっけな‥

とにかく懐かしい感覚した。

その隣には、女将さんがいた。

「こんにちは~お久しぶりです。」

「ま~遠くからよく来てくれたねぇ。そっただとこさみぃだろうから、はよ中さ入り。懐かしいねー。あんたはまだこんただ、ちーっこいワッパだったもんでなぁ。立派さなったなぁ。」

実は、僕は6歳の頃にこの宿に家族で一週間くらい訪れた事があり、女将さんは僕を良くかわいがってくれた。

女将さんはあの頃よりもだいぶ老けていたが、くったくのない優しい笑顔は相変わらずだ。

積もった話は後ほどという事で、僕らは早速ゲレンデへ向かった。

そしてスノボを心ゆくまで堪能した後、夕方に宿に戻り、女将さんの料理とたくさんの話を皆で楽しんだ。

あの頃と同じ、まるで家に居る様な居心地の良い場所だ。

だが、就寝する直前、不思議な現象が起きた。

僕がトイレに向かうと、後ろから誰かついて来る気配がする。

ヒタヒタ‥

確実に誰かの足音だ。

僕は振り向くが、薄暗い廊下には誰もいない。

気のせいか、と思いトイレに入ろうとすると

トトト‥

誰かが小走りで廊下を渡る音。

‥何かおかしい。

気味悪くなった僕はさっさと用を足し、そそくさと部屋に戻り布団を被った。

だが、“それ”は部屋までついて来た様だった。

トトト‥

ふすまの向こうから足音が聞こえる。

それも、部屋の前の廊下を何往復もしているような足音が。

今度は誰かが僕の枕元に立っている。

僕にはそいつが何なのか確認する勇気がなかった。

仲間達は深く眠っており、この異変に気づいているのは僕だけらしい。

ウフフ‥

そいつは僕に微笑みかけた。

一体何なんだ‥

だが、不思議と恐怖心というか、そういう物は一切感じなかった。

僕はいつの間にか深い眠りについた。

夢を見た。

赤いちゃんちゃんこを着た、小さな女の子の夢。

ここに来た時に、宿の前にいた娘だ。

多分6~7歳くらいだろうか。

僕に微笑みかけ、しきりに僕に何かを話している。

行ったらダメ。

ダメなんだから。

嫌だよ、ダメだよ。

僕にはそう聞き取れた。

その娘は、やっぱりどこかで会った事のあるような気がした。

でも思い出せない。

誰だっけな‥

次の日、目覚めた僕は熱にうなされていた。

最悪だ‥せっかくの旅行なのに。

だが僕だけでなく、他の仲間全員が熱を出したり体調不良を訴えた。

医者も来たが、原因は不明。

結局、ゲレンデに行く訳にもいかず、僕らは宿に残った。

昼下がりの午後。

退屈そうに部屋にいると、役場のけたたましいサイレンと鐘の音がこだました。

なんなんだ?

すると、女将さんが僕らの部屋に飛び込み、

「雪崩だ!!スキー場で雪崩さ起きただ!」

‥えっ‥?

僕らは唖然とし、思わず窓に駆け寄りスキー場の方を見つめると、確かにパニックになっている。

だが、僕は何か視線を感じ、窓の下に目をやると、あの女の子が僕を見上げ微笑んでいた。

それからは大変だったらしい。

地元の青年団や警察等が駆けつけ、行方不明者の捜索等で皆バタバタしていた。

わかっているだけでも死亡者数14人、行方不明者数約23人の大惨事。

こんな大規模な雪崩は26年ぶりなんだそうだ。

もし、ゲレンデへ僕らが行ってたら‥

熱が出ていなかったら‥

考えただけでゾッとした。

それと同時に、“あの娘”が夢で言っていた事が脳裏を過ぎる。

「行ったらダメ」

僕にはこれらの出来事が偶然に思えなかった。

その夜、お粥をすすりながら女将さんに気になっていた事を話した。

「あの‥小さな女の子いますよね?赤いちゃんちゃんこ着た娘です。昨日は夕飯時に見なかったけど。」

女将さんと若女将さんがギョッとしたように顔を見合わせ、女将さんは慌てて奥の部屋から古い写真を持ってきた。

「‥もしかしてそのオナゴてこれの事かいや?」

その古ぼけた写真には、確かに僕が見た娘が写っていた。

「そうです、その娘です。何か見覚えある気がするんですけど‥。」

僕は、思いきって全てを話した。

夜中の奇怪な出来事、夢で見た事、全部を。

「‥そうかい、そうかい‥。」

女将さんは複雑な面持ちで話してくれた。

その娘は“美雪ちゃん”という名前で、若女将さんの子供さん、つまり女将さんの孫にあたる子だそうで、僕が当時この民宿に来た時、年が近いという事もあり美雪ちゃんとソリをしたり、滞在中はずっと遊んでいたそうだ。

僕はその話で思い出した。

そうだ、美雪ちゃんだ‥!

何で忘れてたんだろ‥

だが美雪ちゃんは、その約半年後に肺炎が悪化し7歳という若さで亡くなってしまったという事だった。

また、この土地には“座敷童子(座敷ぼっこ、と女将さんは言っていた)伝説”が古くから伝承されており、現在も地元の人々は信じているという。

座敷童子は、その家の守り神みたいな存在らしく、主に子供の姿で現れ、悪戯もするがそこに住む人達に幸福をもたらすのだと。

時には、凶事の際に家中を駆け回り知らせてくれるんだそうだ。

大人には姿は見えないらしい。

「きっと美雪は“座敷ぼっこ”さなって、あんた(達)を助けたかったんろうねぇ。座敷ぼっこと言葉さ交わしたり、姿さ見たっちゅう人間は、おばぁの知る限りおらん。それだけあんた達を守りたかったんだなぁ。」

女将さんは涙を零しながら、優しく語ってくれた。

‥後日談だが、美雪ちゃんを見えてたのはやはり僕だけだったらしい。

宿に到着した時に居た、美雪ちゃんの姿は仲間達には見えてなかった様だ。

美雪ちゃんは、その時からすでに“凶事”を予期していたのか。

それとも、僕が懐かしくてひょっこり姿を現したのだろうか。

僕は、あれから毎年冬に美雪ちゃんに手を合わせに民宿へ訪れている。

もう美雪ちゃんの姿を見る事はなくなったが、美雪ちゃんは“座敷童子”となり、あの民宿と家族を静かに見守り続けるのだと僕は思う。

怖い話投稿:ホラーテラー シュウさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
45610
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ