短編2
  • 表示切替
  • 使い方

現代っ子メリーさん3

私マリーさん。

、、、、うっそ〜私メリーさん。今日本についたわ。

私メリーさん。

今貴方の町についたわ。

私メリーさん。

貴方の家まで後少し

今回は普通にくるんだ、、僕は慣れているはずのメリーさんに少し緊張感を持ちながら電話を待った、、まぁ最初の電話はどうかと思うが。

私メリーさん。

今貴方の家の前よ。フフフッ

いよいよか、電話を握りしめ僕は身構えた。

私メリーさん。

今貴方の家を通り過ぎたわ

ん? えっ通り過ぎた?、、、、何言ってんだ?

私メリーさん。

別に貴方の所に行くとは言ってないわ。私だって暇じゃないんだから。フフフッ

じゃ〜なぜかけてくる、、、、しかし何処にいくんだ?、、、アレ?僕は何気にしてんだ、、、、嫉妬、、、嫌ちがうちが〜、、、嫉妬してるのか?なんかモヤモヤする

私メリーさん。

ミスド寄ってきた〜ポンデリング食べたくて(笑)

、、、ビックリした?もしかしてヤキモチ妬いたかな?今ドアの前よ。

僕は走ってドアをあけた。、、、メリーさん!、、、、しかし誰もいなかった。、、、そんな。

私メリーさん。

今貴方の後にいるわ。

僕は振り返った。ヒラヒラスカートのメリーさんが笑って立っていた。僕は切なくてメリーさんに抱き着こうとした、、、しかし、、、華麗なまでの背負い投げ?をくらってしまった。そしてメリーさんに(なにすんのこのバカ)と言われメリーさんは消えてしまいました。僕は、体を引きずりながらタバコをとり(あ〜今日もお金貸してもらえなかったなぁ)等と考えていた。

私メリーさん。

とりあえず怪我なかった?、、、そう〜ならいいわ。じゃあね。、、、、また行く、、、かも、ね。

また会える、、、それだけで僕はなぜか心が和らいだ

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
17600
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ