短編2
  • 表示切替
  • 使い方

モノリス

あれは20年前くらいのイタリアに住んでいたときの頃合いの話しです

私はヴィネツィア大学に行っておって、そして食道で学生らと仲良くぞうすい食べていまして、さて、帰りました。

私の家はハウスで、中なか大きな一人暮らしの家でしたがデモクラシーはとても大変でした。

火事をやりおえ、イタリアゲームをしてると、家の壁から「ゴスゴスゴスゴス」と音がなりたました私は「なんの音だね」と思っても特に理由なく気にせずに寝ました。

そして次も日も、大学から乗ってきたら家で色々しとったらまたゴスゴス音がうるさかってです。

私はそれで負眠証になりどうすれやいいか友達に相談したら「友達が、家の壁に何か限界があるんじゃないかな。僕も、今日行ってみるよ、そして、家の壁、こわそうよ」と言いましたので私たちは大学から帰って私はたちは自分の家行って、壁こわすことに決めつけました。

友達が「ここから音するんだね?じゃあ、こわすね」と言って普段から持ち歩いていたハンマンで壁、叩き売りました。

そしたら、そこには…

白骨化した男人な骨がバララっと落ちてきました。

私とウェインは青ざめてぎょ天使、すぐさま救急車呼んびましたがすでに死んでおり、警察の事情を話されました。

ごじつ、「何があったんですか」言うと

警察の使徒の話しによると、「昔あなたのあの家で殺人が怒っており、夫婦が死体をぬり壁してからいんぺいしてたんですよね?」 と話されました。

私は怖い思いかわいそう思い、小さな花を壁に入れてお備えしました。

苦しかったそして悪夢は忘れてちゃんと眠れました

怖い話投稿:ホラーテラー 怖神さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
31320
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

まさに、青ざめてぎょ天使‼︎‼︎‼︎

変換センス最高w