中編5
  • 表示切替
  • 使い方

仙台2

えーまず続きを

書く前に一言二言

言わせてもらいます

もう投稿するなと

言う方、まず自分が

殿堂入りしてから

人の文章にケチを

つけましょうw

まあ僕には文才が無いので

仕方がないと思いますが…

そして!!

いきなりの誤字

すいませんでした

読んでわかるように

僕は文章を書くのが

下手ですw

それでも読むと言うなら!!

……楽しんで頂けたら

幸いです。

では、続きをどうぞ。

プルルルル…

A子からの電話だ

俺「もしもーし」

A子「着いたよ」

俺「今行く♪」

電話を切って

急いで家を出た。

A子の車に乗り

いざ仙台へ出発……

車に乗ると

A子が途中でB子を

拾ってくと言い出した。

俺「B子さんどこで

拾うの?」

A子「M市のガストで

待ち合わせしてる♪」

俺「M市?まあ遠回りぢゃないからいいけど」

時計を見ると9時を

回っていた

暫く走って居ると

A子が俺に

注意してきた

A子「B子みても

驚かないでね!」

俺「えっ!?どうゆうこと?」

A子「まあ、会えばわかるよ♪」

俺「ふーん」

そんな意味深な発言を

気にしながらも

A子と話していた

俺「そう言えばさあ、

心霊スポットが乗ってる

サイト見つけたんだー♪

仙台も載ってるよ♪」

A子「えっ!?まぢ!?

行きたい♪」

俺「よし!決まりw」

今思えば行かなきゃ

よかったと後悔してます。

そして走る事一時間…

A子「はい、到着〜」

俺「おっ!!やっと

ついたかあ〜…

いやあ長かった…

長かったよー!!」

A子「仙台についた

みたいなノリぢゃんw」

俺「いやまあいいぢゃんw」

A子「あっ!!B子きたよー」

俺は不覚にも驚いて

しまった……

そうかあそうゆう事か…

B子はすげー…

デブスだった…w

お世辞にも

可愛いともお洒落とも

言えない。

髪はオカッパだし

眼鏡だし…

まあ眼鏡は関係ないけど…

正直ブスならまだ

我慢出来るが、

デブは生理的に

受け付けない!!

あ〜なんてことだ〜…

こんなやつと

二、三日ともに

すごさなきゃ

行けないのかと

思うと心が殺られた…

とか考えていると

B子が近づいてきた!

B子「こんにちは〜」

A子「乗って乗って♪」

俺の心中

いやまて今は夜だそ!!

普通「こんばんは」だろ!!

つうか車乗ったらパンク

するからやめてくれ!!

あ〜A子はこんなに

モデル並みに可愛いのに

なんでこんやつと…

B子が車の後ろに乗った。

乗った瞬間後ろが

沈んだ気がした…

そして仙台に向けて

また車が走りだした

B子はウザイ位

話しかけてきて

正直、眠いのも

あっていい加減に

してくれと思っていた

妙な沈黙が流れた

B子が静かになった

A子「あっB子寝てるw

可愛いー♪」

俺「マジか!寝るの早いなw」

俺の心の中

なに!?やはりデブは

直ぐに寝れるのか…

てか可愛いとは

どうゆうことだ?

このブダのどこが

かわいいんだか…

まったく女と言うのは

わからんな…

後ろを見てみると

B子がお菓子の袋を

握りしめイビキを

かいて寝ているではないか

さすがデブ、

呆れて笑えさえした…

行く道はだんだん

人気もなくなり

車はスムーズに進み朝方には仙台についた

俺はA子を気遣い

仙台につくまで起きていた

A子「着いたねwB子が

ホテル予約してるから

ホテルに行って

とりあえず休もっか♪」

俺「とりあえず休もっか♪

ってまだ元気そうぢゃんw」

A子「起きたらでかけるから体力補充しなきゃ♪」

俺「それもそうだw」

僕らはB子を

起こしホテルまで

案内をさせた。

ホテルについて

チェックインをすませ

部屋に行くと

みんなそれぞれ

くつろいだ

俺は爆睡、A子も爆睡

B子はとゆうと

なにやら俺達に

つられて寝たらしいw

さすがデブ…w

ここまでB子の事を

嫌うのはわけが

あるんですが

それは後程わかると

思います。

さて話しに戻りますが、

起きた時には

お昼になっていた

とりあえずシャワー浴びて、

いつもより気合いをいれて

髪をセットし

お洒落をしでかける

準備万端になった。

A子もいつもより

気合い入っていた。

やっぱりA子は

可愛いなーとか

思っていたその時!

後ろからB子が!

B子「準備終わった〜♪

よし行こう!!」

指図すんなよと

思いながらB子を見て

絶句した…

とてつもなく

ダサい服を来て

自身満々な顔していた

その時の気持ちは

例えるなら

思春期の時に

自分の母親と

街をあるいて好きな

女子に見られたら

どうしようと言う

気持ちと

一緒に歩きたくないと

気持ちと

一緒にいるところを

見られたらはずかいし

と言う気持ち…

まあ簡単に言えば、

一緒に歩きたくないw

そう思わせる

ファッション…

A子を見ると

ニコニコしていた

まあもう慣れて

いるんだろうか…

とりあえずでかけて

ショッピングをしたり

海に行って肌を

焼いたり…

地獄でした

荷物を置きに

一旦ホテルに戻りました

部屋に戻ると

A子がどこの心霊スポットに行くか決めようと

言い出し俺と二人で

迷っていると

B子が提案をしてきました

B子「近くの全部

行けばいいんぢゃない?」

…ナイス!ブダ!

と思いながら

俺「よし!それに決定♪

A子異存はないな?w」

A子「うん♪そうと決まれば、善は急げ!!

出発〜♪」

まずひとつ目の

場所はあんまり

怖くなかったんで、

早々に切り上げ

次なる場所に

向かう途中で事件は

起きました。

その道はあまり

街灯がない上

草木がおいしげり

不気味な道でした。

そのせいか

みんな暫し無言…

車はどんどん

奥に進んでいきます。

カーブの100M前に

さしかかり本格的に

まずいと思い

俺は言いました

俺「道あってる?

てか戻ったほうが…」

よくないと言おうと

したとき

キキー!!

俺「痛ッ!!どうした!?」

A子「今子供みたいなのが…」

……

沈黙が流れる

俺「なんもいないよ?

ほらっ!疲れてんだよ!

よし違うとこ行こうよ!」

はっきり言って

この選択は今思えば

本当に後悔してます。

A子「そうだね、てかB子大丈夫?」

B子「大丈夫だよ♪てか急ブレーキかけるなら

かけるって言ってよねw」

空気読め!!

まあでもそんな

ジョークで場が

和んだから

よしとしよう

それでも俺は

笑う気にはなれなかった

A子は子供って言ってた

けど、

俺は見ちゃったから…

あれは子供なんかぢゃない

思いだすだけで

鳥肌が立つ

あれは下半身のない女

良くはみえなかったけど

それだけはわかった。

Uターンをして

ルームミラーを見ると

それは消えていた

次の心霊スポットに

向かう途中B子が

やけに静かだ

いや静かにしてもらえる

ならありがたいが

様子がおかしい

ルームミラーで

見てもパッチリ目あけ

真っ直ぐ道の先を

見ていた

それを見て寒気がした

キモいからとか

そうゆう理由ぢゃない

兎に角普通ぢゃないのは

わかった

心霊スポットにつくまで

車の中は沈黙が流れていた。

対して面白くも

怖くもなく大変申し訳ありません

ですが実体験です

忘れている部分的も

思いだしながら

書いています

大変申し訳ありませんが

続きにさせていただきます

怖い話投稿:ホラーテラー シエルさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
19500
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ