短編1
  • 表示切替
  • 使い方

晴れ、時々肉片。

1968年08月。

ブラジルのサンホセカンポスに降った、奇妙な雨の話。

空がにわかに薄暗くなると、生暖かく赤黒い液体がザアッと降り注いだのだ。

血糊だった。あわせてかなり大きな肉片も落ちてきたという。

血と肉片の雨は05分ほどで止んだが、それが何の動物のものだったかは、未だに不明である。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
17600
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ