短編2
  • 表示切替
  • 使い方

妹 【別視点】

これは、【妹】【妹2】の続きなので、それを読んだ方のみ分かる話です。

「ごめんなさい、私先輩と遊園地行けません…お兄ちゃんが反対して」

俺はショックだった。

テニス部の後輩で可愛い1年生。一目惚れだった。思いきってデートに誘うと嬉しそうにし、どんな服着ていこうとか色々プランとか練っていたのに…

同時に、彼女のお兄さんに激しく興味を持った。兄妹仲は悪くないようだが…どんな奴だろ。

彼女の友人にそれとなく聞いてみると

「クス…格好良いですよ?」

何か変な反応が来た。

ますます気になって、彼女を尾行してみた。自分でもどうかしてると思う。

学校帰り彼女はファミレスに入ると、しばらくして知らない男性が彼女の元にやってきた。

…イケメン。高い鼻に薄い唇。ジャニーズにも余裕で入れると思う。流石彼女のお兄さんだ。

それにしても、やっぱり彼女は可愛い。大きな瞳にあどげない表情。

しばらくぼんやりと見てると、ある事に気がついた。

…俺以外にも、彼女を見てる

チラチラ席を見てる人たちが何人かいた。しかもかなり年上ばかり。どれだけモテるんだ?あの子。まぁ可愛いから…

でも、変だった。

彼女じゃなくて…お兄さんを見てないか?

その内1人と、目が合った。

「あの、会員の方ですか?」

「…はっ?」

「ええ、会員です」

後ろの男が突然話に割り込んできた。会員の方…?

「やっぱりそうだ!たまらないですよね、あのうなじ」

「僕はあの腕ですかね。折れてしまいそう。むしろ折ってしまいたい」

「ああ…」

何だ…?何だかとても危ない感じがする。

「妹も可愛い顔してますよね」

「そうだね。でもやっぱりお兄さんだよ」

「ですねー」

…危険を感じて俺はその場から逃げた。

「…先輩だ」

「ん、どうした?」

何かバタバタしながら先輩が走ってるのが見えた。どうしたのかな?

それにしても、このパフェ美味しい。

「お兄ちゃん」

「ん?」

「これからも、ずっと一緒にいようね?」

…ずっとだよ。彼らが飽きるまで…ね

怖い話投稿:ホラーテラー 家さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
21100
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ