短編2
  • 表示切替
  • 使い方

死のゲーム~事件~

修正いたしました。実話ではないので暇な方だけ読んでくれれば、ありがたいです。本題に上がります。

2XXX年8月15日

山荘付近で倒れている男性を発見。

発見したのは、山荘に住む清掃員。

男性は○山病院へ輸送されました。まだ、詳しい内容は不明です。

清掃員「いやあ~、おどろきましたよ!外に出しっぱなしだった道具を片付けようと外に出たら、男が倒れていたんじゃよ。いやあ~本当にびっくりしたじゃよ。」

マスコミA「倒れていた場所は?」

清掃員「村へ通じる道…え~と、どこだったけかな?…………あ!思い出した!!今おる場所の裏にあるさん道の門の前で倒れておった。」

マスコミB「せい…」

マスコミBが聞こうと話しかけた瞬間!!

警官「あーも。うるさい!帰れ!!」

マスコミ達を返そうとするが、マスコミたちもひどく暴れて、情報だけでも取ろうと、いろいろ機械をいじっていた。

少年「ねえ、第二発見者の人には聞かないの?」

マスコミ全員「第二発見者いたのか?」

マスコミは警官に向かっていった。

警官はつい、口をはずんでしまった。

「ええ、いますよ」

マスコミB「よし、聞くぞ」

マスコミC「あ!!俺が先だ」

マスコミD「私が先だ」

マスコミA「俺が先だ、先に聞いたんだ」

と、いろいろとごたごたしている。

少年は歌うかのような感じで、現場にいる人たちに向かって言った。

「もう、ゲームは始まってい~る♪だ~れもにげら~れな~い♪このゲームからにはね♪逃走幕の始まりだ!!」

その場にいる人たちはバカにしたように少年に言う。

少年はニタ~と笑った。

2XXX年8月18日

山荘付近にて、マスコミとみられる人多数と、警官が何者かに殺された状態で発見しました。発見者は少年です。少年には血の血痕の跡が服についていました。犯人は少年ではないかと、現在 捜索中であります。

つづく

怖い話投稿:ホラーテラー H-2さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
18400
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ