短編1
  • 表示切替
  • 使い方

エクステ

エクステをつけた友人の話

俺の友人Aがエクステをつけた。ちなみに男だ

どうしてもエクステがつけたかったらしく、インターネットで金髪60cmの人毛エクステを安く買い、自分でつけていた

それから2週間、Aは早々とエクステを外している

俺「もう飽きたんか?」

A「飽きたわけじゃないけど……あのエクステ良くなかったみたいじゃ。あれつけてから見えるようになったんよ」

若干俺はありきたりだなと思った

A「男が……」

俺「男!?」

A「なんかようわからん言葉喋りながら俺をずっと睨んどんじゃ」

Aは何日か意味がわからなかったそうだ

A「しばらくしたらその男がエクステを指差しだしたんじゃ。それで外したんじゃがそれでも見えるんよ。俺怖くてなぁ、寺に持っていって前世話になった坊さんに見てもろうたんじゃ」

お坊さんが言うには、その男の髪ではないらしい。恐らく親族だろうという結論だったそうだ。何を言っているかはわからないからあくまで「だろう」だ

そこでお祓い(供養?)して貰って男は見えなくなったと語るA

A「あんなん見えたらさぁ……あれ安かったし、エクステの人毛はどこから持ってきたんじゃろ?って考えてしもうてもう付ける気にはなれんわ」

その話を聞いて、俺はエクステの都市伝説に自分が触れた気分だった

ちなみに俺は他人の髪をつけるなんて絶対に嫌だ

怖い話投稿:ホラーテラー Mさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
65000
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ