短編2
  • 表示切替
  • 使い方

水死体

俺の地元は漁師町だ。これは近所の元漁師のおじいさん(Aさん)に聞いた話

その日もAは漁に出ていた

いつもの面子、いつものポイント、いつもの網、いつもの方法

だが、網を挙げるといつもと違っていた

B「ありゃあ仏さん挙がってきたわ」

漁師をしていると、昔は年に1、2回網に死体がかかったそうだ

死体を網から外さなければならないから甲板に引きあげる。若い女性の遺体だ

A「おいE!嫁さんにしちゃれぇや」

E「……勘弁してぇ」

Eは今年から船に乗った一番の若手だ

C「よっしゃ!E外せ」

E「わしがか!?やりとうないわ」

D「バカたれが!わしらぁみなやって来とんじゃ!甘えなよ!」

怒られてEは渋々死体を外す作業に取りかかる。時間はかかったが無事網から外すことが出来た

A「外したら海に戻してこい」

E「はぁ!?」

その時代、死体を海に戻すのは常識だったらしい

理由は、漁を止めて港に引き返さないといけなくなるから。遠洋とまではいかないがそれなりに遠出している。生活がかかっている以上それは出来ない

無論、船にのせたまま漁をするわけにはいかない

というのが建前、本音は臭いがキツイし、なにより警察への引き渡しが面倒だからだそうだ

C「早せいよ。臭ってくるど」

その言葉に急かされたEが手を滑らせる。うつ伏せだった死体が仰向けになった

死体は目を見開いている。後にも先にも目が開いている死体はこの時だけだったらしい。流石にその時は皆一瞬声を失ったそうだ

Eはそのまま嘔吐でギブアップ

仕方無くDが死体を引っ張っていき海に投げ込む

アクシデントはあったがその日は大漁

E以外は上機嫌で港に戻った

翌日、DとEは高熱を出して寝込んだ

二人乗り手が減った為、近場にポイントを変えて漁をする

B「こりゃあ……どうしたことじゃ……」

その日も網には死体が絡まっていた。2日連続は初めての経験

3人は軽口も叩かず引き揚げた

死体は昨日と同じ女性

A「……潮で流れて来たんじゃろ。珍しいこともあるもんじゃ」

Cは素早く網から外すと、無言で海に死体を投げ込んだ

翌日、Cも高熱を出した

俺頑張るんで怖い話で盛り上がろうよ……

怖い話投稿:ホラーテラー Mさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
25900
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ