短編1
  • 表示切替
  • 使い方

この子だけは

数年前、新潟?で大きな地震があった時、山道で一台の車が土砂崩れに合いました。

家族からの連絡で、中に乗っていたのはお母さんと子供二人だと分かりました。

車で逃げる途中だったとか。

土砂を掘り起こし、決死の救出作業が行われます。

当時私も、生中継のニュースを固唾を飲んで見守りました。

救助隊の情報によると、女性の声で「助けて」とかすかな声が聞こえたそうです。

もしかしたら、生きているかもしれない、と。

数時間の救出作業の末、助け出されたのは、まだ一歳くらいの男の子でした。

土砂は窓ガラスを突き破って運転席を押しつぶしましたが、たまたま車体の上に落ちた大きめの岩のおかげで、後部座席には隙間が出来ていたそうです。

そこに辛うじて座っていたとか。

(何年も前なので記憶が定かではないですが)

お母さんと上の子は、土砂に塗れて即死でした。

それでは、あの救助隊が聞いた声は?

一歳の男の子の声だったのでしょうか?

……お母さんが、どうしても自分の子供を助けて欲しかったんでしょうかね。

当時ニュースを見ていて、

「あれ、さっき女の人の声が聞こえるって言ってたけど…」

と、不思議に思ったのを覚えています。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
16800
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ