短編2
  • 表示切替
  • 使い方

俺はその日彼女のアパートに泊まりに来ていた

彼女の作った料理を食べ、一緒にDVDを観る

楽しい時間はあっという間に過ぎていく。どちらともなく俺達は眠りについた

夜中に俺は目を覚ます。携帯で確認すると時間は2時。ノロノロとベッドから這い出し、トイレに行こうと立ち上がった

……?

なにか違和感を感じる

俺(なんじゃ?)

俺は部屋の中を見回す。窓に視線がいったとき、一瞬自分の目を疑った

月明かりに照らされ、カーテンの向こうに人影が見える

俺(まさか……ストーカー!?)

自慢じゃないが彼女はかなりの美人だ

俺は窓に近付くと、一気にカーテンを開ける

男がいた

俺「わりゃなんしとんじゃ!」

俺は鍵に手をかける

そこで若干ヘタレた

俺(いや開けるのはマズイ、入ってきたら大変じゃ。ここは警察か?)

一気に冷静になった。そして俺はありえないことに気付く

俺(ここって……四階だよな……)

俺は一歩後ろに下がる。それを見た男は笑みを浮かべ消えた

彼女「なに~?」

寝惚けた様子でベッドから声をかけてくる

俺「な、なんでもないよ」

俺は彼女を怯えさせないようにそう言うとカーテンを閉めてベッドに戻った

当然眠れるはずもない。俺の体はガクガク震えていた

翌朝、窓の外を確認するが、やはり足場になりそうなものはない

彼女に昨晩のことを話す。彼女は怯えた様子で、この部屋を出たい。一緒に暮らして。そう言ってきた

俺は彼女と暮らす部屋を借りる為に、愛車のクラウン、パソコン、その他諸々を売り払い金をつくった

彼女と暮らし始めて2ヶ月。やはり部屋に問題があったのか、あれ以来男がみえることはなかった

ある日、俺が仕事から帰ると彼女が神妙な面持ちでこう言った

彼女「出ていって」

俺「……え?」

彼女「だからこの家から出ていって」

俺「出ていってって、この家は俺の……」

しまった……この家を借りるとき、名義は彼女の名前にしたんだった

彼女「今すぐ出ていって」

こうして俺は2月の寒空のもと家を失った

俺(どこにいけばええんじゃろ……てゆうかどうやって荷物運ぼう……)

俺には原付しかない

ため息が漏れる

吐き出した息はとても白かった

怖い話投稿:ホラーテラー Mさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
2211
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

オチが意味不明