中編3
  • 表示切替
  • 使い方

マネキン

俺の職場は、社員全員を合わせて五人という小さな工場。

仕事内容は、少し古くなったマネキンの表面にヤスリをかけたり、顔を変えたりして、再出荷する。

簡単に言えば、リサイクルみたいな感じだ。

マネキンが陽に焼けないようにと、いつも少し薄暗い作業場は気が滅入る。

入社して、三日目には辞めたくなっていた。

他の仕事が見つかったら辞めてやると、思いながら一ヶ月が経った頃、不思議な事が起こった。

作業場が狭い為、所狭しと並べられたマネキン。

手前にある物から順に作業を開始する。

並べられているマネキンを見ると、一つ一つ微妙に顔や造形の違いが良く解る。

顔にヤスリをかける時は微妙な気持ちになる。

社長は、すぐ慣れると言ってたが、まだ慣れない。

今日、三体目のマネキンの顔にヤスリをかけようとした時、終業を知らせる音が鳴った。

お疲れ様と言い、即効で着替え帰宅する。

薄暗くマネキンに囲まれている作業場から早く出たかったからだ。

次の日、違和感を感じた。

昨日の続きから始めるのが普通だ。

俺が、やりかけたマネキンが無い。

おかしいと思い、探してみると奥の方に立っていた。

勘違いとも考えたが、明らかに昨日の奴だと思う。

まだ一ヶ月しか働いてないが、違いが解るようにはなっている自信がある。

なんか理由があって移動したのかもしれないと思い、社長に聞いてみる事にした。

「あの、社長。マネキンって動かしました? 昨日のやりかけの奴が奥にあったんですが」

いつも優しい社長の顔が、少しだけ曇った気がした。

「まぁ、そんな事もありますよ。気にしてたら、きりがないですよ」

いや、そんな事もあるのかよ。

そういうの苦手なんだよ。

「因みに、どれですか?」

社長にどれか教えると、何故か苦笑いを浮かべた。

「また、この方ですか。まぁ人形みたいな物だし、美人さんですからね。顔をいじられるのが嫌なんじゃないですか?」

一気に帰りたくなった。

帰りたさが自然と顔に出る。

「ああ、冗談ですからね。辞めたりしないで下さいね。何故か辞める人が多くて」

何故かじゃない。

ちゃんとした理由がある。

辞めて行った人達の気持ちが良く解る。

さすがに気味が悪く、そのマネキンに触る気にはならない。

まぁ、奥にあるからいいかと、他のマネキンから作業を始めた。

終業時間。

いつも通り、即効で帰った。

社長の話が気になって仕方なかった。

次の日、社長は来なかった。

なんでも、例のマネキンを皆が気味悪がるので、残業して片付けようとした時に、ヤスリの機械で手を派手に削ったらしい。

それに、例のマネキンが無くなっているとも聞いた。

社長には悪いが、あの時触らなくて良かったと思う。

謎は残るが、無くなって本当に良かったと思った。

社長が復帰して、一週間くらいで例のマネキンの事は、話題にも上がらなくなっていた。

俺も完全に忘れかけた頃に、髪を切りに美容室に行った。

そして、席に着きゾッとした。

鏡越しに、かつらを被せられた首だけのマネキンが見えた。

それは、あの時のマネキンだった。

追記

その作業場では、必ず年に二回はお祓いをします。

因みにまだそこで働いています。

怖い話投稿:ホラーテラー 無人さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
4290
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ