短編2
  • 表示切替
  • 使い方

命日と誕生日の…

彼女が病で倒れた。

医者から余命が三ヶ月と言われて、目の前が真っ暗になった。

俺は当の本人より泣いた。

毎日、見舞いに行って最後の時まで一緒に居ようと約束した。

見舞いに行くと、彼女は必ず同じ事を言う。

忘れないで。

私を忘れて、他の人と幸せになってと言えない、嫌な女でごめんね。

俺は当たり前だと言いながら、必死に笑顔見せる。

悲しかったが、幸せな時。少しでも長く生きていてくれと願った。

医者が告げた三ヶ月が過ぎた。

彼女は機械に繋がれて喋るのも困難になっていた。

息も絶え絶えに、彼女はいつもと違う事を口にした。

本当に私は嫌な女。

貴方に忘れられない為に頑張ってる。

死んだ後まで縛る事になると思うけど、ごめんね。

俺は泣きながら、彼女を抱き締めた。

それから一ヶ月後、彼女は死んだ。

悲しくて悲しくて、泣く事しか出来なかった。

そして俺の誕生日は、彼女の命日にもなった。

泣いている俺に彼女の両親は手紙をくれた。

その手紙は、自分が死んだ後に渡してくれと頼まれた物だった。

手紙にはの内容は…

わざとあなたの誕生日に死んだりして、ごめんなさい。

どうしても、忘れられたくなかったの。

優しいあなたは誕生日が来る度に、思い出して泣いちゃうね。

でも、泣き顔は見たくないよ。

だから誕生日には必ず雨を降らせて、解らないようにしてあげる。

最後まで勝手で最悪な私でごめんね。

雨なんかどうでもいい。

そんな事が出来るなら、生き返ってくれ。

手紙を抱き締め、声を上げながら泣き続けた。

一年後…

俺の誕生日と彼女の命日。

毎日、悲しかったが出来るだけ涙を我慢しながらやってきた。

でも、やっぱり今日は無理だった。

涙が頬を伝う。

そして彼女の手紙にあった通り、涙を隠すように降り出した。

雪が……

俺の誕生日は十二月。

少し抜けた所があったなと思い出して、雪では隠しきれないぐらいの涙と笑顔が浮かんだ。

墓前で何を言ってやろうか考えながら墓参りに向かった。

怖い話投稿:ホラーテラー keyさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
12800
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ