中編4
  • 表示切替
  • 使い方

長くなったので二つにわけます

もう5年前の話し

「ねぇ、買い物行くんだけど一緒に行かない?」高2の夏休みのある日姉に誘われた

よく一緒に買い物に行くんだけど、その日はすごく暑かったし昼寝したかったから

「今日はいいよ」と不機嫌気味に言って断った。

「来週お母さんの誕生日だからプレゼント買いに行こうと思うんだけど…」

不機嫌な俺に気を使ってか姉は遠慮がちに言った

「悪い、姉ちゃんに任せる。金は後で払うから」

俺はベッドに横になったままそう言った

「今年は何がいいかな?」

そう言う姉に

「任せるって!」

俺は面倒くさそうに少し声をあらげて言った

その時、彼女と電話で喧嘩したばかりだったから虫の居所が悪かった

姉は「わかった」とだけ言って家を出た

チャリで出掛ける姉を二階の窓から見ながら、俺は少しかわいそうだったかなと反省した

でも、それはすぐに人生最大の後悔に変わることになる

その日の夕方、姉は死んだ

買い物から帰る途中の交通事故だった

そんなにひどい事故じゃなかったけど、打ち所が悪かったらしい

涙は出なかった

なんだかぼーっとしてた

ずっと病院にいたけど、深夜には家に帰った

それからなぜか、姉の部屋に入ってみた

いつもは勝手に入ったら怒られるけど

そこには姉はいなかった…

もう一生会えない

改めてそう思うと、俺は姉のベッドに崩れ落ちて泣いた

ベッドからは姉の匂いがした

それがとても愛しくて、息ができないほど泣いた

3日後、葬式が行われ姉は骨になった

19年の人生は短すぎるだろ神様…

葬式の後に気づいたことだけど、姉は母へのプレゼントを買っていなかった

母の誕生日は明後日だったから次の日の夕方ころプレゼントを買いに行った

あの時の罪滅ぼしもかねて、行かなきゃいけないと思ったから…

でも一人では何を買えばいいかわからないから、彼女にも一緒に来てもらうことにした

ひとまず去年姉と一緒に母のプレゼントを買いに行ったデパートに行くことにした

去年は確かネックレスと携帯のストラップを買ったっけと思いながら探索したけど、なかなかいいものが見つからない

そんな時ふと雑貨店が目についた

そこでふと思い出した

確か去年、帰り際に姉が「来年はあそこのお店で買おうか」と言っていた店だった

だからとりあえず行ってみた

アンティークっぽい小物とかが置いてある店で、意外に値段も高めだった

高いなぁと思いながら、店の中を回ってたら彼女が「これかわいい!!」と言ってレジの近くに置いてあった腕時計を指差した

それは薄いピンク色の女性用の腕時計だった

俺はそれを見たとき直感的に母さんが好きそうな感じがした

これにしようかなと思い手にとって見ていたらすぐ近くのレジから店員さんが近寄ってきた

「すいません、その商品は現在他のお客様のお取り置き中でして…」

よく見ると棚のところに「取り置き中」の紙が貼ってあった

俺は「すいません」と言ってすぐに棚に戻した

すると店員さんは続けて言った

「5日ほど前にお取り置きされたんですけど、期間が今日までなので今晩にでも連絡しようとしてるんですよ」

「そうなんですか…じゃあ、今日その人に連絡していらないって言ったら明日買いに来てもいいですか?」

「なんとも言えないですけど…そのお客様がキャンセルされればお売りすることはできます」

わかりました、明日もう一度来ますと言って俺たちはそのまま店を出て帰ることにした

途中姉の事故現場を通ることもできたけど行かなかった

行きたくなかった

彼女と別れ家に着いたら、もう少しで夕飯だった

親父も母さんも強い人だからもうしっかりやることはしていた

無理してたんだろうけど…

その時、リビングからケータイの着信音が聞こえた

姉のケータイだった

どうしようと母さんを見ると

「一応でてみて」と言われたからでることにした

登録されていない番号からだった

「もしもし、こちら○○なんですけれども、先日取り置きされた腕時計の件で連絡さしあげました」

それはさっきの店からでその声はさっきの店員だった

俺は混乱した

しかしすぐに理解した

あの時計を取り置きしたのは姉だったのだと

自分はさっきの客であることと、取り置きしてたのは姉であることを店員に伝えた

もちろん姉が死んだなんてことは言わなかった

すると

「そうなんですか!!弟さんと相談してからまた来るとおっしゃられていたので…」

店員の言葉を最後まで聞き取ることはできなかった

だってケータイ持ったまま俺号泣してたから

姉もあの時計をプレゼントに選んでいた

次の日の朝店に行って腕時計を買った

それから事故現場にも行ってみた

そこで手をあわせて腕時計を買ったことを報告した

それからあの時のことを謝った

怖くないけど書きたかったから書いてみた

下手な文章ですんません

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
3312
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

とてもいい話です。さすが姉弟ですね。
怖くはないですけど、評価させていただきたいので怖いを付けます。

泣ける怖い話。