中編2
  • 表示切替
  • 使い方

真夜中のドライブ

こんばんは。

俺はいつも夜の10時位からドライブをして大体1〜2時間市内を走って自宅に帰ります。コースは決まってませんが、いつも知ってる道しか通りません。

その日は気分が良く、いつもより長く走っていて「たまには知らない道もいってみうかなあ」と言う好奇心で知らない道を行く事にしました。住んでる場所は地元ではないので。

始めはも灯りも多く知らない道と言う事もあり新鮮な感じでした。

でも段々進むにつれ街灯も少なくなり気付けば辺りは真っ暗で対向車もなければ、後続車もいない。まるでみんなその道の先に行くのを避けているみたいに。

気付けば辺りには緑が多く普通のライトでは先が見通せなかったのでライトをハイビームに変えた。

辺りは背の高い不気味な木々、そしてその道の右側の獣道の入り口に真っ赤な鳥居が。

それを見た瞬間全身に鳥肌がたち、急ブレーキをかけUターン。

身体は震えだし、寒気などがおさまりません。人間の本能と言うんでしょうか、これ以上進んだらヤバイと感じました。

見なきゃ良かったんですがUターンをした直後ルームミラーを見ると、さっきまでは赤い鳥居の所には誰もいなかったのに白い服の髪の長い女たっていたんです。

しかも何故か四つん這いになり、追いかけてくる。

俺は驚き、スピードあげて必死に逃げました。

逃げてる間、ルームミラーを何回も見たんですが、ずっとついてきてる…いやむしろルームミラーを見る度近付いてきている。

俺は恐怖でハンドルを握る手も、アクセルを踏む足もガタガタ震えていました。

そして遂に車の真後ろに女が来た時、目の前に明るいコンビニの光が見え、急いでコンビニに避難しました。

コンビニに車を止めて、車の中で暫くの間放心状態でした。その間も震えや寒気はおさまりませんでした。

そして落ち着いてきたので、コンビニで立ち読みをして紅茶花伝を買って自宅に戻りました。

大体時間にして3時頃でした。

駐車場に車を止めて、車を降りた時。

「みーつーけた」

後ろから声が聞こえ振り向くと50M先位にあの女が…そして女は四つん這いになり俺の方へ物凄いスピードで向かってきた。俺は恐怖で体が動きません。

女が目の前に来て、四つん這いのまま俺の右足をガシッと掴んだ時、俺は情けない声で叫びながら気を失いました。

翌朝俺は大家さんに起こされ、目覚めました。

大家さんに大丈夫か?と聞かれ大家さんの優しい顔と安堵から涙が零れました。

そしてあった出来事を話すと、大家さんは驚いた顔で言いました。

「あんた、あそこに行ったのか!?あそこは地元の人間なら絶対に近寄らん場所じゃ」

俺はそれ以上聞きませんでした。いや聞きたくありませんでした。

最後に大家さんが

「あんた…気を付けなよ」

大家さんは意味深な言葉を残して去っていきました。

end

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
1990
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ