中編3
  • 表示切替
  • 使い方

憑依 (CP)

COPY PASTE

投稿者 たぁきち 様

今から7年程前の話です。

私は霊感は家系的にあるほうなのですが、自分で処理する事が出来ませんでした。

当時、姉が働いてたブティックのオーナーさんが、あまり良いことが続いてなかったんです。

姉も霊感が強く、そして祖母も強い人でした。

ある日の夜、オーナーさんが姉に連れられやってきました。

姉曰く、あまり良い状態ではないから、祖母に浄霊をお願いしに・・・

祖母はズバズバと当て、オーナーさんもビックリしてました。

で、一通り話がすんだ時、私は何を思ったのか、仏壇の前で手を合わせました。

しばらくすると姉が異変に気付き、私に呼び掛けました。

『○○?・・・○○?』

聞こえているけど目を開ける事も体を動かす事も出来ません。

何かを察知したように、姉が『あかん!おばあちゃん!!○○が!』

そう言いながら私の体を触りました。

その瞬間、私の体に異変がおきました。

物凄い憎悪の感情が体全体に広がり、意識はあるのに体をコントロール出来ません。

姉が両肩を揺すった瞬間、私は姉を突き飛ばし、オーナーの首を占めようとしたんです。

二人が馬乗りになり、私の動きを制しましたが、私の体はまるで蛇のような動きをしてたらしいんです。

お題目と数珠で二人が一生懸命止めようとしてました。

自分の意識は体のどこか別のとこで客観的に見てました。

自分ではどうすることも出来なかったんです。

その時、今でもはっきり覚えてます。

私の体に憑依した霊の感情が伝わりました。

『ヤット ミツケタ コロス オマエヲ』

私の手はオーナーさんに更に向かいました。

姉が両腕を掴み、オーナーに側から離れるよう言いました。

その時

『ハハハハ!!オマエヲ ハナサナイ ツレテイク』

私は目を白目にして、ヨダレをたらしながら言ってたそうです。

物凄い力で二人を振り払おうとした時、祖母が私の首に数珠をかけ、姉が塩水を無理矢理飲ませました。

と、瞬間、苦しくなり、私はベランダの方へと体をよじらせ向かっていったそうです。

二人はお題目を一心不乱に唱えてました。

すると、

『モウ スコシダッタノニ』

体から物凄い勢いで感情が身体中に渦巻き、次の瞬間、私は意識を失いました。

少ししてから意識が戻り、正常な私に戻りました。

祖母曰く、オーナーの前世の因縁で、蛇の悪霊が私に憑依してたらしいです。

あのままほっておいたら、オーナーを引き連れて飛び降りてたと・・・

オーナーさんも目の当たりにして、何ともいえない表情をされてました。

その後私は、姉にこっぴどく怒鳴られました(笑)

私はすぐに浮遊霊とかと波長があい、自身で処理出来ないのに、取り入れてしまう悪い癖があるらしいです(笑)

自分で処理出来ないなら、はね飛ばす力を身につけろと・・・

でも、あれほど酷く苦しい憑依は初めてでした。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名 argentinaさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
16900
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ