短編2
  • 表示切替
  • 使い方

叔母様の長女

(よろしければ「招かざる客1~8」をご覧下さい)

長女は携帯をいじりながら話を始めた。

長女「この前、体験したんだけどね。」

長女が話し出した―

私は通学に電車を使っていた。大学の近くでバイトをしていたため帰りの電車は22時前後に乗り込み、23時前後に帰宅する日々が続いていた。

その日はシフトの関係で20時過ぎくらいの電車に乗ることができた。

いつもと違う時間に乗る電車は、いつもと違う客層で、高校生の姿も見える。

○○駅に到着した。

この駅からは池が見える。池の水面に駅の電気が揺れる。

対面に座る高校生の間に池を見ていた。

「女が見てる……」

高校生の間に半透明の笑顔の女の逆さまの首だけが浮いていた。

自分が降りる駅まであと2駅。

池のある駅から私は目を閉じていた。

次の駅、対面に座る高校生逹は電車を降りる。薄く目を開けて顔をあげてみる。

無表情な女の逆さまの首。

ピピピピピーっと駅員が笛を鳴らしドアが閉まる。

クックックックックックッっと逆さの首が喉を鳴らし笑っている。短い間隔の笑い声。

自分の降りる駅に着く。逃げるように電車を出た。

駅から家までビクビクしながら住宅地を走る。

鍵を開け、部屋に入る。母は準夜勤務の日。あと数時間は帰らない。妹逹も明日が日曜のためか、まだ帰って来ていない。

電気とテレビをつける。

「お風呂は明日で。」

と独り言。着替えを済ませる。

ベッドに横たわり、メールを楽しんでいたその瞬間。

背後に気配を感じた。

ゾワゾワと全身の毛が逆立つ。見られている。

持っていた携帯電話が省エネモードに変わる。

黒くなった携帯画面は鏡の様に自分の顔を映していた。

黒い鏡の焦点を少しずつ少しずつ、気配のした背後ずらしていく。

自分の顔が半分になった時、同じ画面に2人の女。1人は私。

もう1人の女は首だけでクックックックックッと笑いながら

「逃げんなよ」

―長女が携帯をいじっている―

長女「私が気がついたのは、お母さんが帰ってきてからだったね。」

叔母様「部屋の前で倒れてたからビックリしたわよ。

今考えると、首は電車の外に浮いてたんじゃなくて、あんたの前に後頭部を向けて浮いていて、それが正面の窓に映ってたのかもしれないね。」

抹茶アイスを食べながら次女が話す。

次女「お姉ちゃんも大変だったねっ。私もあるよ、怖い話。」

怖い話投稿:ホラーテラー マヨさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
12200
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ