短編1
  • 表示切替
  • 使い方

水たまり

雨上がり

水たまりを覗き込むと、其処には自分ではない誰かが映っていた。

ジロウは怖くなり、お気に入りの黄色い長靴でそれを踏みつける。

刹那

その足を掴まれ小さな水たまりに引きずり込まれてしまった。

何が起きているのか理解出来ず、胸まであちらの世界に浸かる。

母が振り向くと、我が子が地面に半身をめり込ませ、こちらを見ていた。

母は必死で我が子を引っ張り上げたが、黄色い長靴が片方無くなった。

別の日の雨上がり

ジロウは今も車イスが足代わり。

お気に入りの黄色い長靴と、ジロウの心を持っていった水たまりを探しに散歩に出掛ける。

母は、受け答え出来ないジロウに時々つぶやく。

「あっちの世界でもよかったのにね!」

ジロウはいつも聴こえないフリをする。

おわり

怖い話投稿:ホラーテラー ジロウさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
14600
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ