中編5
  • 表示切替
  • 使い方

自転車旅行

コピペです

これは、私はまだ学生だった頃、今から7年前に体験した話です。

いまだに、この記憶は脳に刻み込まれており、風景、言葉、感情等、詳細に至るまで、思い出す事が出来ます。

夏休みを持て余していた私へ、友人Yから、

「暇だから旅行に行かないか?」

との誘いの電話が入った。

暇は有っても金は無い、でも海で10日は遊びたい。

そんな私達が、考えついた旅行のプランは、“砂浜で野宿、ママチャリの旅”だった。

つまり、私達が住んでいる東京から、買い物自転車(通称ママチャリ)で、千葉の九十九里浜まで行き、各地の砂浜で野宿しながら、ひたすら北上。

目指すはリアス式海岸ってな計画だった。

とりあえず、電話で持ち物分担を話しあい、どうせ暇だから明日から出発しようという事になった。

午前11頃、出発。

記念にと、使い捨てカメラにて写真を1枚。

そして、歌舞伎座前など要所要所で写真を撮りながら、東京を脱出したのが、午後3時過ぎだった。

急遽決まり計画も杜撰な旅行だった為か、早速1日目から問題が勃発した。

夜8時頃、千葉県四街道に差し掛かったあたりで、道が判らなくなり、Yが用意してきた地図を見たのだが、何を考えているのか、Yが持ってきた地図は「東京23区マップ」。

もちろん、千葉県の地図など載っておらず、まったく以って役立たず。

あきれ果てたが、Yと付き合ってく上で毎度の事なので、まぁ人に聞いたり、コンビニで地図を見たりしながら行けば良いかと笑って済ませた。

というか、笑いが止まらなかった。

これが、恐怖の道へと迷い込む原因となろうとは、その時は思っても見なかった。

私達は、私が持参したコンパスを頼りに、ひたすら東に向かった。

コンビニも見つからず、ガソリンスタンドも営業時間を終了しており、道を人に聞くことが出来ずに進んでいた。

不安に思いながらも進んでいると、青看板の道路表示で、200m先で旧××道にぶつかり、右折すると八日市場という所に向かえると示していた。

八日市場は、大学の友人の実家が有る町で、九十九里浜より北上した所に位置する町と知っていた為。

喜び勇んで私達は右折した。

旧××道は、上り坂が多くママチャリの私達は、立ち漕ぎで上らなければ辛い所も多々あった。

時計を見ると9時を過ぎており、私達は、体力的にも精神的にも余裕が無くつつあった。

判断力が薄れ、Y字があると、看板も見ずに太い道の方を選択するようになって・

「やっぱりこの道おかしいよ。

民家もねぇし、静か過ぎるよ。

飛行機の音って最後いつ聴いた?間隔が開きすぎだろう。

道路が荒れてるからかも知れないけど、なんだかペダルが重いよな?つーか重すぎねぇか?」

そう言われるとなんだか、おかしい気がしてきた。

確かに、よく聞こえていた飛行機の音がしない。

おまけに、平らな道を走っているのにペダルが妙に重い。

しかし、それに同意するのも癪に思い、私は

「両側が林なんだから、民家が無いのも当然だろ。

もしかすると、うちらが見落としているだけで、民家もあったかも知れないし。

飛行機だって、この時間は本数が減るんだよ。

もう11時過ぎてるしさぁ。

流石に、こんだけ走り続けてりゃー、疲れてペダルも重く感じるよな。

Yは、納得がいかないようだったが、

「・・・そうだよな。

と答えた。

すでに、ひたすら真っ直ぐの一本道を1時間半以上も走り続けていた。

なんだか、場が暗くなり、私も急に不安になってしまったので、とりあえず歌う事にした。

当時の流行歌や、幼少の頃のアニメソング。

Yも、流行歌は鼻歌程度だったが、アニメソングの頃には歌い出し。

「ガンダム」を歌う頃には、2人で大声熱唱状態だった。

Yの自転車を漕ぎながら熱唱する姿が、妙に笑えた。

私は、走りながらポケットからカメラを取り出し、大口で歌うYの姿を写真に収めた。

そして、恥ずかしいのだが「魔女っ子メグ」を熱唱。

2人で大声で歌いながら、ペダルを思いっきり漕ぎ、

「シャランラァ~!!」

と絶叫しながら、坂を登りきった時だった。

20mほど先に白い服を着た女の人が、道の左側を歩いていた。

その女性の後姿は、白い服を着ていた所為か、暗い道にもかかわらず、はっきりと見えた。

私は、

「わっ、今の「シャランラァー」絶対に聴かれた!恥ずかしーっ!」

とまず思った。

私は、Yに

「あそこに人が歩いてるな。

と話し掛けると、Yは

「えっ?」

と言い、右斜め後方を走っていたYも恥ずかしいと思ったのか、女性と反対側の右側へふらりと寄った。

その女性は、デビュー当時の聖子ちゃんのように内巻のヘアスタイルでふわりとした感じの白いロングスカートにレースの入った白い長袖のブラウスを着ていた。

私は、

「おいおい、なんちゅー服のセンスに髪型だ?だれかの結婚式の帰りか?」

と思った。

ちょうど、女性の脇を通りすぎる時、私はYに

「道を聞こうよ。

と言いうと、Yは、

「うっ?!」

っと驚いたような、そして困ったような表情で返事をした。

私は、即Uターンした。

綺麗な人だったら、良いなぁと思いながら、その女性に

「海岸に出たいんですが、どう行けば良いですか?」

と聞いた。

私の想像通り、綺麗な人だった。

可愛いというタイプではなく、綺麗系のタイプだった。

それゆえ私は、

「服装と髪型が、似合ってないなぁ。

でも、綺麗だぞ。

この子と話し込みたいなぁ。

でも、うちらブサイクだから相手にされねぇーかな?」

なんてな事を思った。

私は、下心丸出しで、かなりジロジロと見ていたと思う。

表情が暗いなぁと感じ、

「不信人物と思われてる?」

とちょっと心配になった。

なかなか、返事を返してくれない。

二呼吸ほどの静寂。

彼女は、進行方向をゆっくり右手で指差す。

視線の端の方で、Yが一踏み程ペダルを漕ぎ、少し進み止まるのが見えた。

彼女の口が、ゆっくり開く。

続く

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
22700
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ