中編2
  • 表示切替
  • 使い方

とても幸せな地獄

父親を殺した。

強姦されそうになって。上からのし掛かられ、暴れた後枕元にあった灰皿で頭を殴った。当時6歳だった。

あれから数十年。私はチューブに繋がれて病院のベッドに横になっている。末期ガンを診断され、ああもう死ぬんだなと思う。

孫にも囲まれ息子娘も良い子に育ち、先に逝った旦那も真面目な人だった。もうすぐ旦那と会える…でも死を目前にしてふっと考えた。

私は死んだらどこに逝くんだろう…

人を殺した人は、反省すれば天国に逝くと聞く。でも私は全く反省出来ない。父が憎くて仕方なかったから。警察からも処分を受けなかった。

地獄に逝きたくないから懺悔する…そんな事しか考えられない。そう考えていると意識が遠退いた…

目が覚めると、昔の家に居た。私は6歳当時の姿になっていた。まだ母もいる頃…あの事件以来ショックで首を吊った母。会えて嬉しくて抱きついた。優しい頬笑みに癒される。紙風船、あやとりにおてだま…一緒に沢山遊んだ。

「お母さん」

「何?」

「大好き…」

また意識が消え、目が覚めると三途の川の浅瀬にいた。なんとくここがそうなのだと分かった。ただこの川は沼の様に赤く、ドロドロしている。何となく普通の道ではないと感じた。5歩進んだところでまた意識を失った。

目が覚めると母が耳掻きをしてくれた。奥の痒い場所も優しくかいてくれる。嬉しくて目を細めた。

夕飯はゼンマイとワラビのおひたし。ああこの味だ…懐かしい。そう思うと涙が出た。

また意識が飛び、三途の川で目が覚めた。5歩進むと昔に戻る。それを繰り返した。

何と長い川なのかと思う。

でも川は次第に向こう岸に近づいた。そしてとうとう着いてしまった…

巨大な地獄の門が見えた。恐ろしい顔の閻魔様や奥には釜に茹でられている人が見えた。中には昔見た芸能人や政治家もいた。あああの人達はここに着いたんだ…漠然と考えてた。

「…私は地獄に行きですか?」

「そうだ。罪を犯したから」

「でもあれはちょっと釈然としません」

「正直裁くのは難しい…最近増えてるから。だからせめて地獄に行く前に良い夢を見させた。お前の母親もこっちにいる」

自殺した物は地獄に逝くと聞いた事がある。本当なんだ…優しい母が地獄に…卒倒しそう。そして私も地獄に今から逝く。永遠に苦しみ、焼かれ呼吸も出来ず汚物を食べさせられ…想像しただけでその場にしゃがみ込んで失禁してしまった。

「…辛いならまた三途の川を戻れば良い」

「…えっ?」

「また夢がみられる。ただ忘れるな。悪魔でもそれは夢だ。お前が最後辿り着くのは結局地獄だよ」

私は走った。三途の川に。5歩戻ると懐かしい母の笑顔が。

「…お母さん」

今日も私は三途の川を往復している。その時が来るまで…何度も何度も

怖い話投稿:ホラーテラー 家さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
37310
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ