短編2
  • 表示切替
  • 使い方

死神(落語)

借金で首が回らなくなり首をくくろうとしている男が一人。

その男に「待ちなさい」と呼び止める痩せこけて汚い竹の杖を突いた爺さん。

名を「死神」と名乗る。

呆然としている男に爺さんが言うには

「おまえはまだ寿命があるんだから、死のうとしても死ねねえ」

「そうは言っても生きてく金も無い男に、死ぬことすら許さないとは死神さんと言えど殺生だ」という男に、死神は

「それならお前の言う金はこうして稼げばいい。

長わずらいをしている人間には必ずおれがついている。

足元にいる時は手を二つ打って

『テケレッツノパ』

と唱えれば病人は助かるが、枕元の時は寿命が尽きていてダメだ。

寿命に逆らわなければ、お前は自分の寿命のための金を手に入れられるって寸法さ」

という。

脈の取り方すら知らないが、半信半疑で医者の看板を出したところ、間もなく日本橋の豪商から使いが来た。

行ってみると果たして、病人の足元に死神。

「しめた」と、教えられた通りにすると、病人はケロりと全快。

これが評判を呼び、神のような名医というのでたちまち左ウチワとなりました。

しかし「悪銭身につかず」という通り、元々遊びで借金を作るような男ですから、どんなに金があっても全部使っちまう。

そんなある日、麹町の伊勢屋宅からの頼みで出かけてみると、死神は枕元。

しかし、患者は「助けていただければ一万両差し上げる」と言ってくる。

そう聞いて男は目がくらみ、一計を案じる。

死神が居眠りしているすきに蒲団をくるりと反回転。

これで死神は足元へって寸法でございます。

呪文を唱えると、なんと死すべき病人が生き返った。

一万両を持った帰り道、金の使い道を考えながら男が浮かれ歩いていると、路地の暗がりに死神の爺さんが立っているではありませんか。

男は死神を見た途端、すっと気を失ってしまい、気がつくと無数のローソクが照らす暗い部屋におりました。

「見えるかい。このローソクは全部人の寿命だ。

おまえさんは人の寿命に逆らっちまったね。そらご覧、お前のローソクはあの病人のと入れ変わっちまったよ」

指差す先には今にも燃え尽きようとするローソク。

男は慌ててローソクに駆け寄り、手のひらで炎を包みながら

「アァ、消える……消える……消える……消える……消える……消える……消え……」

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
45710
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

落語ネタ発見!好きなんです僕も…