感謝してもいいんでしょうか?

短編1
  • 表示切替
  • 使い方

感謝してもいいんでしょうか?

部活で遅くなって自転車で帰宅途中の話。

夜10時を少し回った位。

交差点で信号待ちしてるとなんか気配を感じた。

商店街から住宅地に差し掛かる位の場所で人影は見当たらない。

自分のすぐ横に、以前パン屋で今テナント募集中の空き店舗がある。

なんとなく気になり、中に視線を向けすぐ前方に視線を戻す。

アレ?今空っぽで真っ暗闇の店の中に誰か居たような…

思わず二度見すると、ショーウィンドウ隔てて数十センチの距離(いきなり目の前)におばさんが立ってた。

俺はビビって

「ハゥッ!」

て変な声が出た。

おばさん無表情で腕を前にスッと出して俺の手首を掴んだ。

ショーウィンドウの存在無視。

「ナッナナナナナナナナナナッ」

なんじゃこりゃー!って叫ぼうとした瞬間、目の前の交差点で車同士が衝突して大惨事となった。

もし信号変わってそのまま自転車漕ぎ出してたら、多分事故に巻き込まれてたと思う。

結果的に助けられたんだが、おばさんは手を離して消える瞬間にニッコリ微笑んでこう言った。

「次は離さない」

怖い話投稿:ホラーテラー ジロウさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
16400
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ