短編1
  • 表示切替
  • 使い方

マヨラーの二人

今まで誰に言っても信じてもらえなかった話だけど、俺は同い年(当時27歳)の親父と話をしたことがある。

親父は俺が4歳の時に死んだけど、俺が東京から実家に帰る途中の田舎の駅で乗り継ぎを待ってると、隣に座る同い年ぐらいの作業服着た青年。

誰もいない夜の駅で気持ち悪かったのもあってくだらないことを話した。

お互い『マヨラー』で意気投合した。

同い年だった。

「俺は病気なのに子供作って大変なんだ」

とも言ってた。

色んなことを話し、俺の仕事を言うとニヤっとして

「すごいなぁ・・・」

と嬉しそうに言ってた。

「そうか・・・良かった。立派な大人なんだな○○も」

と言ってなかった俺の名前。

「何で知ってんだ?」と聞くと

「忘れるもんか。俺がつけた名前だ」

「俺の名前は○○お前の親父だよ」

と言って電車が来るのと同時に消えた。

実家に帰るとたまたま親父の命日らしく、お袋が親父が好きだったほうれん草のマヨネーズ和えを供えてた。

そういえば「マヨネーズとほうれん草がうまい」と言ってた。

本当に好きだったんだ・・・

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
17700
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ