中編3
  • 表示切替
  • 使い方

ヤビツ峠 C&P

COPY PASTE

投稿者 たく坊 様

高校生の時に体験した話です。

俺「おつかれさまでした~」

店長「おつかれさんっ!明日もよろしくねぇ~」

俺「了解デス。」

俺はその日何時も通りにバイトがこなし帰路についた…。

俺「ただいまー」

母「おかえり」

ここまではいつもと何ら変わらない。

夕飯を食べ、風呂に入り、後は寝るだけ…そのはずだった。

何故かこの日は無性にバイクで出かけたい気持ちに駆り立てられた。

普段ならバイトが終わった後は疲れてしまってそんな気は起きないのに…。

俺「ちょっとバイクでそこらへん走ってくるわ」

母「今から!?もう夜遅いよ?」

俺「大丈夫♪事故りゃしないよ~」

母「まぁ気を付けていってきなよ?」

俺「わかってるよ。行ってくるわ。」

そして俺は走り出した。この後に何が起こるかも知らずに…。

俺「久々にちょっと遠出してみっか」

普段は走ると言っても近所を20分ぐらい走るだけなのだが、この日はヤ○ツ峠へ行く事にした。

寒い中走ること40分目的地入り口に到着。

俺「頂上までノンストップじゃ!」

意気揚々と進入。

俺「相変わらずこの峠は暗いな。誰か外灯作れよ~。」

独り言を呟きながら走っていた。

中腹地点にさしかかった辺りから異様な空気が漂いはじめた…。

俺「何か変な空気だし、引き返そうかな…?」

そんな事を考えながら走っていた。

そうこうしている内にあるトンネルに差し掛かった。

このトンネル全長10メートル弱の短いトンネルなのだが、雰囲気が周りと全然違い異様なオーラを放っている。

俺「引き返そう」

…え?

ブレーキが効かない!!

俺「何で!?何で効かないんだよ!」

パニックに陥りながらも何とか事故を起こさないように必死に運転した。

そして止まった。

俺「止まった…。良かった~。」

…?

止まったのはトンネルの中…。

状況の把握出来なかった。

しかし把握している余裕は無かった。

何かが近づいてきてる。

前から凄い数の気配が…。

このままここにいたら危険そう感じ取った。

エンジンをかけようとしたが一向にかからない

気配はその間にも段々と近づいてくる

俺「かかれよ!!」

何度も何度もかけようとしているのだがかからない。

俺「かかった!」

次の瞬間

ガシッ

俺「うわぁぁっ!」

肩を凄い力で掴まれた…

泣きながら逃げた

無我夢中で走り続けた

走っている間もずっと掴まれていた

フッと掴まれていた肩が楽になり掴まれている感覚も無くなった。

「ドウシテ?」

俺「!?」

「ドウシテ…ドウシテ…ドウシテ…ドウシテ…ドウシテ…」

頭の中に響いてくる声…

男の声か女の声かも区別がつかない声

半狂乱になりながらなんとか峠から出る事ができた。

声は聞こえなくなり俺は落ち着きを取り戻しはじめていた。

ガシッ

…ぇ

「アキラメナイ…」

俺「あぁぁぁぁぁっ!」

逃げた…必死に逃げた

そこからの記憶はとんでいて、何も覚えていない

親が言うには家に帰ってきた時俺は顔面蒼白で虚ろな目をしていたらしい…

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名 ARGENTINOさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
21900
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ