短編1
  • 表示切替
  • 使い方

神降ろし

かごめかごめ

籠の中の鳥は いついつ出やる

夜明けの晩に 鶴と亀が滑った

後ろの正面だあれ?

“かごめかごめ”という遊戯は元々神降ろしの儀式の一つで、輪の中心で屈むのは本来神の依代になる巫。その周りを数人で囲み、ぐるぐると回り謡う様はまさに神を呼び寄せる“神楽”そのもの。

夜明けの晩とは午前1時頃のことで、神事を行う時間帯。

類似で“地蔵あそび”というものがあるが、これも“かごめかごめ”と同じように一人を屈ませ、その周りを数人で囲む。

そして囲んだ者が「御乗りやれ地蔵様!」と繰り返し、中心の者に乗り移らせる。

神霊を人に降ろすことで、人々は人間の口から神の言葉を聞いていたと言える。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
27600
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ