短編1
  • 表示切替
  • 使い方

奢るよ

その着信は急であった。

それはコンパのお誘いだった。

特に断る理由もない。

と、いうより大歓迎だ。

居酒屋に向かう足もやや浮き足立っていた。

店に着いた。

店員に予約者である友人の名前を告げ、部屋を教えてもらった。

襖を勢いよく開け放つと、よくある光景が目に飛び込んできた。

『おー!遅せーよ』

『駆け付け一杯ね!』

先日と同じ顔ぶれ…。このメンバーで飲むのはこれで二度目。

楽しい一時だった。

『今日は急に悪かったな。奢るから先に出てくれ…。支払い済ますから』

「マジか!?サンキュー。」

一足先に店の外に出て一服していた。

5分くらいしても出てこない。

便所かな…。

更に5分。まだ誰も出てこない。

再び店内に入り、仲間を探したが見当たらない。

そうしてる内に、店員さんと目が合う。私に部屋を教えてくれた人だ。

「…結局、待ち惚けでしたね」

彼らは現実では来ていなかった…。

メール着信のバイブが揺れた。共通の友人からだ。

「いえ…。来てくれましたよ。

事故ったのにね…。

最後に彼らと飲めて良かった…」

怪訝そうな表情の店員さんに背を向けて、泣き顔を隠すように店を後にした…。

次…化けて出てきたら、俺が奢るよ。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
16100
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ