中編2
  • 表示切替
  • 使い方

犯人

「今入ったニュースをお伝えします。今日午後9時頃、埼玉県N市の路上で、女性が何者かに刃物で刺され死亡しました。犯人の男は現在も逃走を続けていると思われ、埼玉県警は男を捜索中です」

ニュースを見ていた姉妹は、自分達が住んでいる市内で殺人事件が起きた事を知り、急に怖くなった。

しかも家からすぐ近くの路上だ。

運が悪い事にちょうどその日、両親は家にいない。

その事が二人の不安をさらに大きくする。

ニュースの内容が内容だけに、姉はある事を思い出した。

鍵を閉めたかどうかだ。

姉「鍵閉めてたか確認してくるね」

妹「うん。犯人来たら大変だからね」

姉妹は姉が16歳で妹が10歳。

二人で留守番するにはまだ危険な部分も見える。

姉が戻って来た。

姉「鍵閉めてなかったよ。危ない危ない」

妹「お姉ちゃんちゃんと閉めてよね」

姉「ごめんごめん」

そのあと二人は寝るために2階に上がった。

妹はさっそくベッドに横になる。

姉は妹のベッドから少し離れた自分の机に座り、今日授業で習ったところの復習を始めた。

その時妹が話しかけてきたので振り返る。

背筋が凍った。

妹「お姉ちゃん明日学校行くの嫌だよ。休んでいい?」

姉「だ…駄目よ。ちゃ、ちゃんと行かないと」

妹「え〜」

姉「そ…うだ下に行ってアイス食べようか」

妹「うんアイス食べたい」

そういって二人で階段を下りる。

途中で姉の足が速くなる。

下について妹が冷蔵庫に向かって行ったので、姉はその手首を掴み、玄関へと引っ張って行く。

二人は外に出た。

妹「お姉ちゃんアイスは?」

姉は何も言わず走り出し、近くに止まっていたパトカーの窓を叩いた。

警官「どうしました?」

姉「家…家に殺人事件の犯人の男がいるんです!」

警官「何だって!」

姉はその男がニュースでやっていた殺人事件の犯人だと確信していた。

二人は警官に保護され、パトカーに乗った。

「犯人は家のどこにいるんですか?」

姉「…ベッドの下です」

警官「わかりました!すぐに確認します」

警官が無線で応援を呼んでいる。

妹「お姉ちゃん怖いよ」

妹も話しを聞いて怖がっているようだ。

姉は2階で犯人を確かに見た。

妹が横になっているベッドの下に…仰向けになり血のついた包丁を胸の上で握りしめている男を…

その部屋から抜け出すために、アイスを食べようと妹を誘ったのだ。

姉はベッドの下の男を見た時、ほんの一瞬だけ目があっていた。

男が何もしてこなかったのは運がよかったからかも知れない。

男はそのあと逮捕された。

姉妹は奇跡的に無事だった。

怖い話投稿:ホラーテラー 黒猫さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
35400
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ