短編2
  • 表示切替
  • 使い方

お米

はっきり言うがグロい。

心霊でもなんでもない。

事実だ。

ただ皆も気を付けてほしい。

俺の大学生活。

充実していた。

毎日昼過ぎに目覚め17時前にはバイトにいく。

帰りは夜中の3時すぎ。

帰宅後すぐ寝る。

当然学校にはいかず親不孝な日々をおくっていた。

俺は3カ月以上部屋の掃除をしていない。

前に掃除をしたのは冬頃だ。

今は夏前、暑くなってきているため臭いもきつい。

埃臭さと汗の混じった臭い。

換気はしているが臭いがしみついている。

「臭い…」

当然女はいない。

そんな俺にも出会いがあった。

話の成行でその子が自宅に来ることになったので慌てて掃除、洗濯をすることにした。

酷く汚い。

部屋は6畳の1k、部屋には布団一枚にテレビしかない。

外に洗濯機を置くような二階建てのおんぼろアパートだ。

入居と同時にフローリングだった床の上をすべて黒一色のタイルカーペットにしてみたが非常に悪趣味で後悔をしていた記憶がある。

料理はできる方だったので毎日自炊。

そのお陰でごみの類いはない。

ただ布団も敷きっぱなしで臭いがとれるかが不安だった。

とりあえず翌日は眠い目をこすり10時前に起きてみた。

窓と玄関を開け空気を入れ換える。

清々しかった。

次にやまずみになっている洗濯物を洗い、その後布団をベランダにほした。

掃除機をとりコンセントを入れ、いざ開始!

と気合いを入れて床に掃除機を当て掃除を始めたがカーペットに何かがついているのを見つけた。

視力01でも裸眼の俺は最初なんだかわからなかった。

「米粒?」

炊飯器に美味しそうな米粒がたっているのを想像してほしい。

その米粒が布団の下の床一面に たっていた。

わかりやすく言えば茶碗にご飯をもり、うっかりこぼしてしまったら一粒、一粒均等に米粒が床にたってしまった感じだ。

それがなんなのかわかるまでは芸術的だったが…

よくみるとゴキブリの卵だった…

当然1ヶ月は米が食えなかったのは言うまでもない。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
17100
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ