中編3
  • 表示切替
  • 使い方

湧き水 其の壱

小学生の時の話

俺は田舎のばぁちゃんに連れられて、山の中湧き水を飲みに来ていた

獣道に入って一時間。ようやく湧き水の場所にたどり着いた

喉はカラカラだ。俺は持ってきたコップに湧き水を入れると一気に飲み干した

「うまいか?」

ばぁちゃんは俺にそう聞いてきた

不味い……俺は心の中で呟く。水の味なんてわからない俺だが、この水は明らかに不味い。というか苦い

正直に言っても良いのだろうか……俺が決めかねていると、ばぁちゃんもその水を一口飲んだ

「不味い。ほらお前も正直にゆうてみぃ。不味いじゃろ?」

俺は正直に答えた

「そうかそうか。よかったのぉ」

ばぁちゃんはそう言うと、昔話を聞かせてくれた

昔、このあたりには山賊がいた。10人ほどの小規模なものだが、村の者では歯が立たなかった

村を荒らし回る山賊に、村の人たちは長い間苦しめられた

ある日、村の者が集まる集会の場で一人の青年が夢を見たと言い出した

夢に出てきたのは大きな獣。その獣は猿のように見え、また山犬のようでもあった

獣は青年にこう言った

『山の中で湧き水を見つけろ。見つけたらその水で酒を作れ。そして山賊に振る舞え。そうすればお前たちの望みは叶う』

村の人たちは口々に山の神だと言い出した

翌朝、総出で湧き水を探しだし酒を作った

村人たちは酒が出来るまでの間、山賊の悪行に必死で耐え続けた

時はたち、ついにその日がやって来た

「美味い酒が出来た」「今日は祭りだ」そう言って山賊を村に連れてきた

村人は酒と豪華な料理で山賊をもてなした

山賊たちは酒が気に入ったようで、徳利は次々と空になっていく

山賊たちがあまりにも美味そうに呑むので、試しに村人も呑んでみた

だが、不味くて飲めたものではない

山賊たちは酒を全て飲み干すと、一人、また一人とそのまま眠りについていった

村人たちにも、これからどうなるのかはわからない

村人たちは山賊が寝入ったのを確認するとその場を離れた

翌朝、山賊が寝ている屋敷を確認しにいく村人たち

屋敷内には悲惨な光景が拡がっていた。山賊たちはみな、腹を割かれて死んでいる

死体はどれも腹の中から割かれているようだった

屋敷の中は飛び散った臓物と血で真っ赤に染まっている

それを見て、村人たちは歓喜の声を上げた

その夜、火を放った屋敷の周りで村人たちにとって本当の祭りが始まった

「それからなぁこの水は美味かったら毒、不味かったら健康になるって言われとるんよ」

ビビりまくりの俺は「不味くて良かった……」心底そう思った

大人になり、この話を思い出してみると、疑問な点が幾つかある

夢に出てきた獣をなぜ山神だと信じたのか?

途中で酒を呑んでみた村人は頭おかしいんじゃないのか?

毒はわかるが、なぜ健康にもなるのと伝わっているのか?

そもそも小学生にする話じゃない気がする……

こういう話の元を考えてみると、実際は酔っ払って寝ている山賊を村人がその手で……

まぁ湧き水のおかげかどうかはわからないが、ばぁちゃん御年88歳。未だに畑に出て農作業が出来るほど元気だ

ちなみにあの湧き水を飲む勇気が今の俺にはない……

怖い話投稿:ホラーテラー Mさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
1841
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

薬は、使い方次第では毒にもなり得るって事てすかね。言い伝えは、色々と奥が深い。