短編2
  • 表示切替
  • 使い方

玄関

夜9時くらいに仕事から帰ってきたらアパートの前で20代前半っぽい女が携帯(?)を持って立ってた。

後ろ姿だったけど髪の毛が長かったのはよく覚えてる

彼氏待ちなんかな~?

とは思ったけどそんな女は今まで見た事なかったし、第一彼女を作るような若い男はアパートはいなかったんだ

でもその時はなんか自分に彼女がいない事が悔しくなってさっさと家に入ってテレビ見てた

それから2時間してコンビニに行こうと思ってふと外を見たら、その女が俺の部屋の方を見てるわけ

チキンな俺はそれだけで不気味になってきて外に出るのが怖くなってきて出るのを1時間ずらして行くことに決めた

こっそり外見て誰もいない事を確認して、安心しながらドアを開けた瞬間…

その女が玄関の前に立ってたんだ。

小便ちびりそうになっちゃったよ…

目が焦点あってなくて天井を見てる感じ

でもドアの前に立ってた

ヤバい!と本能的に思って、ドアを思いっ切り閉めてカギかけて布団にくるまりながら震えてたんよ

よく分からないけど絶対に人間じゃないってのだけはハッキリ分かったんだよね

そしたらその女がバカバカ郵便受けを開けたり閉めたりして中を覗いてるみたいなんだ

しかも何か話してるんだよね……

「○○だから……○○でしょ……」って…

それから30分くらいは玄関の前にいたみたいだけど、ケータイで呼んでかけつけてくれた友達の車の音が聞こえてからはいなくなったみたい

多分幽霊だと思うけど、なんで俺を狙ったのかが不思議…

生身の人間だったらもっとやだったな…

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名係長さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
14100
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ