中編3
  • 表示切替
  • 使い方

またね!

私のじーちゃんは「さよなら」という言葉を酷く嫌悪していた。小さい頃から

「『さよなら』だけは言うな」

って言い聞かせられてた。

でも幼稚園の時って

「せんせー、みなさん、さよーならー。」

とかって園児みんなで言ってから帰るでしょ?

幼稚園の年長ぐらいの時、じーちゃん家に遊びいって帰る時、いつもの習慣で

「さよーならー」

って言って玄関を閉めて補助輪付きの自転車に跨った。

漕ぎだそうとした瞬間に玄関が物凄い勢いで開いて、飛び出してきた般若みたいな顔のじーちゃんに思いっきりぶっ叩かれた。

何が何だか分からなくて、逃げるように家に帰った。

人生において、一番怖くて、一番泣いた想い出として、今でも不動の頂点にいる出来事だ。

じーちゃんに会うのが怖かったけど、一時すれば忘れてまた遊びに行くようになってた。

もちろん「さよなら」だけは言わないように気を付けた。

そんなじーちゃんも中ニの時に他界してしまって、思春期とか関係なく病院の廊下でワンワン泣いたのを覚えている。

月日は経って、私は今大学に通っている。

つい先日法事があって実家に帰ってきた。親戚一同で寿司を食べているときに

じーちゃんの実兄のおじさん発信で「じーちゃんに『さよなら』と言って殴られた」って話題になった。

結構殴られてる人いたな。

小さい頃は気にならなかったけど、今にして思うとなんであんなに嫌悪していたのか不思議に思い、そのおじさんに聞いてみた。

おじさんの話をまとめると次の通りだ。

じーちゃんには小学生の頃、親友がいた。

その親友はイジメにあっていた。

じーちゃんは助けたかったけど、自分もイジメにあうのがイヤで慰めるくらいしか出来なかった。

そんな日が続いていたある日の帰り道、親友がいつもと同じように、笑いながら「さよなら」と言って、踏切に飛び込んだ。

心無い保護者から、イジメに加担して背中を押したのではないかとまで言われた。

「棒がない踏切やったで、ただの事故かもしらんが、あいつはそーは思えんかったろうなぁ。つらかったろーなぁ。」

おじさんはそう結んだ。

親戚一同の前とか関係なく、下を向いて泣くことしか出来なかった。

じーちゃんにとって「さよなら」は大切な人を奪い去っていく言葉だったのだろう。

何も出来なかった自分を責め立てる言葉でもあったのだろう。

じーちゃんはずっと「さよなら」という言葉に縛られて生きた。

でも、葬式の時、信じられないくらいの人が参列した。

皆「よくしてもらった」と喪主のばーちゃんのところにお悔やみ申し上げにきた。

じーちゃんは縛られて生きた。でも、恐らく“縛られる”とは一種の決心だったんだと思う。

「大切な人達を守る」

という堅い決心だったのだと思う。

あの一件以来、「またね!」と言って手を振ると

じーちゃんは「おぅ、またな!」と言って手を振り返してくれた。

寿司食って、皆が帰るとき、

誰一人として「さよなら」とは言わなかった。

口々に「またね!」とか「またな!」とか言って帰って行く。

「また会うときが、誰かん葬式やったらかなわんで」と笑いながらおじさんが帰って行った。

おじさんは車内から誰にともなく手を振った。

「おぅ、またな!」

じーちゃんの声が聞こえた気がした。

怖い話投稿:ホラーテラー しっぽんさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
27200
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ