短編1
  • 表示切替
  • 使い方

怖くもなんともない。

ある夜のこと。

少女は1人で絵をかいていた。

昔から絵は得意で、よくかいていたが、

最近は部活や勉強で忙しくあまりかいていなかった。

「ん、中々力作じゃないの。」

その絵は、ショートヘアの女の子が首だけ絵描かれているものだった。

目だけは不得意で、黒く塗り潰しただけだった。

少女は自分のブログに載せようと、携帯をとりだし、写真をとろうとした。

怖くもなんともない

はっきり、誰かの声がした。

少女はびっくりして、はあっ?!と、変な声をした。

とれた携帯の写真は、異常にアップになっていた。

怖くもなんともない。

肩を叩かれた気がした。

怖い話投稿:ホラーテラー 私さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
14700
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ