短編1
  • 表示切替
  • 使い方

怖くはない

エレベーターに乗る

向かうは17階

8階で一度止まり、扉が開く

扉が閉まろうとした時

小柄のおばさんが、ゆっくりと駆け込んできた。

とっさにボタンを押し開ける

おばさんは笑みを浮かべ軽く頭を下げ、エレベーター内の一番後ろに立った。

僕が向かうのは17階。

おばさんは他の階のボタンも押さないし、同じ階なのだろう

エレベーターが17階につき、開けるボタンを押した。

おばさんは出ない。

他の階だったのに、ボタンを押し忘れたのかな

僕はエレベーターから降り、軽く振り返ってみた。

おばさんは笑みを浮かべて、その場に立っているだけ

そのままエレベーターは扉が閉じて下へ向かった。

あぁ本当は、下へ行きたかったのかな

それから数時間して、僕は下へ降りるためにエレベーターを待っていた。

エレベーターの扉が開くと、さっきのおばさんがいた。

おんなじ所に立っている。

さっきと同じ、笑みを浮かべたままで。

あれからいつも、このエレベーターの扉が開けば、あのおばさんがいる。

相変わらず、笑みを浮かべて立っているだけだ。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
14600
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ